海外ノマド×フリーランスで自由に仕事をする生き方の極意3つ

海外ノマド×フリーランス

日本で「ノマド」や「ノマドワーカー」というと、スタバなどのカフェで仕事をしている人たちを意味することが多い。だが、海外で Digital Nomad(デジタルノーマッド)と呼ばれる生き方をしている僕からすると、日本のそれは「ノマド」とは呼ばない。

2016年、僕はたったの1度も日本へ帰国することなく、まさに遊牧民のように世界中を転々としながらフリーランスとしても仕事をしてきた。働く場所にしばられるのではなく、人生を自由に楽しむ生き方を実現しつつ、同時にインターネット上で仕事までこなすのだ。

2017年、僕はこの Digital Nomad(デジタルノーマッド)としての生き方を続けていく。そこで今回は、日本人が「海外ノマド×フリーランス」として自由に生きていくための極意を3つにまとめてみた。日本の多くの若者にとって、1つの生き方の参考になれば幸いだ。

ノマドの極意① ノマドの原点「永住地を持たない」

ノマドの原点である遊牧民を思い描いて欲しい。永住地を持たず、必要最低限なものだけを持ち運んで生活する。気候の変動に合わせて別の場所に移動したり、連れている家畜がその場所の草を食べ尽くしてしまう前に移動したりする。

実は、現代のノマドも原理は同じである。綺麗なビーチを求めて移動し、ビザの有効期限が尽きてしまう前に移動する(笑)つまりノマドの極意は「永住地を持たない」ことにある。僕自身、今はどこにも家を持っていないし、賃貸の契約すらしていない。3年以上前に日本を離れたとき、持っていた家具や白物家電、バイクなどもすべて売り払ってしまった。

現代のノマドはどこに滞在するのか?

海外ノマド生活、ゴゾ島(マルタ共和国)でのワンシーンノマドでいることによる最大のメリットは、家賃、電気代、ガス代、ローンの返済といった月々の支払いが「全く」ないことである。その代わり、世界中の行く先々では、しっかりと安心して泊まれる場所を確保しておく必要がある。要するに、どっちが良いかという話。

例えばだが、2016年なら、僕たち夫婦は以下の世界各地に長期滞在した(クック諸島のラロトンガ島など Airbnb 滞在記のブログ も書いているので、気になる方はどうぞ)。

  1. バリ島(インドネシア)
  2. ワイララパ(ニュージーランド北島)
  3. ラロトンガ島(クック諸島)
  4. モルディブ諸島
  5. マルタ島(マルタ共和国)
  6. ジアン半島(フランス南部)
  7. 南アフリカ共和国
  8. ナミビア
  9. ザンジバル島(タンザニア)
  10. ゴゾ島(マルタ共和国)

どうしてそんなに島ばっかり? と思うかも知れないが、それは僕たち夫婦の共通の趣味がスキューバダイビングとフリーダイビングであり、自然や動物を見るのが好きだから。あと GoPro カメラを使って水中写真や動画を撮ったり もしていて、これがなかなか面白い。

なお、年間を通して1ヶ月の滞在費の平均だが、日本で暮らす場合とほとんど変わらない。これは、ニュージーランドに長期滞在したとき と南アフリカ共和国に長期滞在したときに、ペットシッターを引き受けて滞在費が無料になったことも影響している。これのおかげで、モルディブ諸島やザンジバル島など、かなり贅沢な場所にも長期滞在することができた。

ノマドの極意② WiFiはデュアルSIMスマホで持ち運ぶ

これは日本のノマドワーカーでも同じかも知れないが、インターネットに接続できる WiFi は海外でのノマド生活を送るうえで凄く重要なことである。しかしながら、WiFi がある場所にしばられて、滞在場所や働く場所を限られてしまう状況はなるべく避けたい。

日本の海外旅行者には「海外で使えるモバイル WiFi ルーター」をレンタルして持参する人もいるが、現地で SIM カードを購入した方が格段に安く、ほとんど日本と変わらない安定したモバイルインターネット環境(3G/4G)を広いエリアで確保することができる。

海外ノマド生活をするなら、Zenfone3 Max という電池持ちが良くデュアル SIM スロットを搭載しているスマホ に「現地モバイルインターネット回線が使える SIM カード」を同時装着し、テザリング機能で WiFi にしてしまうのが1番おすすめだ。

また、ホテルでは一般的に WiFi が提供されているが、バリ島やザンジバル島にいたときは、しばしば停電が起こることがあった。ルーターの電源が落ちるためにインターネットも急に繋がらなくなるのだが、こういうときもモバイルインターネットは繋がるので重宝する。

ノマドの極意③ 旅先の写真は世界に向けて販売する

良いカメラは海外ノマド生活に欠かせない

海外でノマド生活をしていると、年に数日しか休暇を取れないライフスタイルとは異なり、観光客の少ない時間帯に名所を訪れたり、あまり知られていない穴場をゆっくりと巡ったりすることができる。これは非常に大きなメリットなので、活かさなければもったいない。

素晴らしい被写体を前にして何度も何度も写真撮影していると、自然と「写真を観る目」が肥やされていき、写真の腕も「趣味レベル」から「セミプロレベル」に引き上げてくれる。もし良いカメラを持っていなかったら、間違いなく後悔することになる。

クルーガー国立公園(南アフリカ)にて撮影したゾウの親子

「これは!」と思う最高の写真が撮れたら、海外の iStockShutterstockTwenty20 などで世界中に販売してみよう。サイトに登録ができたら、あとは写真をアップロードして内容を説明するキーワードを散りばめれば良い。思わぬ副収入を得ることができるぞ。

最後に

最近では、ノマド生活に憧れてフリーランスとして仕事をはじめましたという人のブログをかなり見かけるようになった。しかし、なかなか海外に飛び出すことができず、日本国内で活動を続けている人がまだまだ多い気がする。そんな人は、過去に「日本人が海外で暮らすために必要なものは2つ」という記事も書いているので、こちらもぜひ参考にして欲しい。

僕たち国際結婚夫婦は、2017年も「海外ノマド生活」のライフスタイルを継続していく予定なので、また良い情報があればこのブログに書きたいと思う。長くなったが、最後まで読んでくれた人には感謝を述べるとともに、応援のエールを贈りたい。