スピードアップデート対策でサイトの運営者が対応したい3つのこと

Google スピードアップデート対策3つ+2つの実行可能アクション

スピードアップデートとは「Google が 2018年7月より検索アルゴリズムをアップデートし、モバイルページの読み込み速度を “検索順位の決定要素” として使用し始める」ことを指す。仕事でサイトの運営に携わる方であれば、おそらく既にご存知のとおりだ。

今後対応の不十分なサイトでは検索順位が下がるとされており、対策ができているサイトは検索順位が繰り上げられる可能性もある。もし競合のモバイルサイトがスピード対策できていないようなら、それは「検索順位入れ替わりのチャンス」と捉えても良いだろう。

そこで今回、スピードアップデート対策として対応したい3つの内容をまとめた。この機にサイト全体の SEO を実践されたい皆さんには、ぜひ参考にしていただければと思う。

続きを読む

【画像編】サイト表示速度を高速化するために確認したい10項目

WordPress サイト高速化 GTmetrix Grade ダブル AA スコア

あなたは、ブログやウェブサイトの画像表示に時間が掛かりすぎて、ページの読み込み速度が遅いことで悩んでいないだろうか?

画像の表示は、以下の「10項目」でバシッと速くできる。表示速度を遅くさせている画像は修正して、サイトの高速化を実現しよう。

なお、サイトの表示速度を計測するためには GTmetrix を使用すると良いだろう。現在、当ブログでは Page load time が 1.11 秒、Total page size が 395 KB、Total number of requests が 18 の結果が出ている。

ここまでする必要があるかどうかはさておき、画像の読み込み速度は「サイトの表示速度」に最も影響するので、以下の順に実践しよう。

追記:2017年2月8日に GTmetrix のデフォルト表示が “Page Load Time” から “Fully Loaded Time” になった。ユーザーのウェブ体験における快適度をスコア化するには、どちらも大事という判断がされたようだ。なお、従来通り “Page Load Time” を測定したい場合はオプション設定から変更可能だ。上記に掲載した計測結果は当ブログでの当時の “Page Load Time” である。

続きを読む

WordPress SEO 基本カスタマイズの7ステップ

WordPress SEO 基本カスタマイズの7ステップ

WordPress SEO は「習うより慣れろ」で学習スピードを加速できる。今回は「WordPress SEO 基本カスタマイズの7ステップ」を画像解説するので、実際に自分で試して欲しい。

なお、このブログ記事では、読者の使用する WordPress テーマを制限したりはしない。基本カスタマイズを理解すれば、気に入ったデザインの WordPress テーマを「読者自身」で SEO に強いテンプレートへと生まれ変えさせることができるからだ。

続きを読む