ドゥブロブニク観光拠点はホテルより景色重視のアパートがおすすめ!

ドゥブロブニク観光拠点はホテルより景色重視のアパートがおすすめ!

今回はドゥブロヴニクの観光にホテルを探している方のため、僕がドゥブロヴニクで5泊してきた感想と、絶対おすすめの滞在エリアおよび絶景の楽しみ方についてお伝えしたい。

僕と同じように「ドゥブロヴニクでは何よりも街並みの美しさと景色を楽しみたい!」というそこのあなた!お天気にも恵まれますように。

ドゥブロヴニク観光の注意点4つ

ドゥブロヴニクはクロアチアで特に人気の高い観光地。天気は快晴の日が多く、アドリア海の真上には燦々と太陽が輝く。

アドリア海の真珠ドゥブロヴニク

上から見ると「ドゥブロヴニク旧市街のオレンジ屋根」と「太陽の照り返しがキラキラと輝いて見えるブルー」のコントラストが美しい。

ドゥブロヴニク港

もちろん、これからドゥブロヴニクを観光する人ならドゥブロヴニクの魅力はご存知のはず!

だけど、ガイドブックやパンフレットだけでは分からない「ドゥブロヴニク観光の注意点」もあった……まずこれだけは知っておこう!

① 10月下旬でも泳げる気候の良さ

ドゥブロヴニクへ来て驚いたのが、10月下旬というのに日中はまだまだ暑いということ!

ロクルム島メインビーチは飛び込みジャンプが楽しい

ビーチでは泳げてしまうほどで、半パン半袖がちょうど良かった。というか実際に泳いだ日が2回あり、ほぼ毎日のように洗濯をしていた。滞在先に「洗濯機」と「バルコニー」があって凄く重宝したのは言うまでもない。

ドゥブロヴニクのバンジェビーチにて

個人的に水中マスク、シュノーケル、GoProを持って来なかったことが一番の後悔ポイント。

泳げるようにと水着は持って来ていたものの、正直ドゥブロヴニクの海の透明度がこんなにも高いとは知らなかった……。次回は絶対に水中マスクとシュノーケルとGoProを持参する!

ロクルム島メインビーチの透明度の高さ

なお、ドゥブロヴニク旧市街の観光はかなりの距離を歩くうえ階段のアップダウンが激しい。せっかくの海外旅行で汗だくのへとへと状態になってしまわないよう、夏服を持参しよう。

ドゥブロヴニクの透明な水が美しいバンジェビーチ

ちなみにドゥブロヴニクには意外とたくさんのビーチがある。僕たちが行ったのは、こちらのバンジェビーチと、ロクルム島メインビーチの2つ。ロクルム島は透明度はさらに高かった。

②オーバーツーリズムによる影響

最近ドゥブロヴニクは「ゲーム・オブ・スローンズ」のロケ地として世界中のファンから脚光を浴びたこともあり、観光客がさらに増加中。

特に「最終章のシーズン8」がリリースされた今年2019年ハイシーズンの夏は凄かったらしい。地元では「オーバーツーリズム化」が問題になっており、規制なども出てきている。

ドゥブロヴニクのメインの観光アトラクション「城壁」および「スルジ山ケーブルカー」も、昨年情報よりチケット料金が高くなっていた。

参考:ドゥブロヴニク城壁の公式サイト

ドゥブロヴニク城壁のチケット料金と営業時間(公式サイト)
城壁入場料金:200クーナ
(2019年10月25日時点)

参考:スルジ山ケーブルカー公式サイト

ドゥブロヴニク・スルジ山ケーブルカーのチケット料金と営業時間(公式サイト)

スルジ山ケーブルカー往復料金:170クーナ
(2019年10月25日時点)

いずれのチケットもオンラインで購入可能で、最新料金は上記リンクから確認して欲しい。

僕は利用しなかったが、城壁・ミュージアム・路線バスのフリーパス「Dubrovnik Card」もあちこちで購入可能になっていた(この点は、ツーリズムのおかげで整備が進んでいる)。

参考:ドゥブロヴニクカード公式サイト

ドゥブロヴニクカードの公式サイト

ドゥブロヴニクカード購入方法と使い方
1-day カード:225クーナ
3-day カード:270クーナ
7-day カード:315クーナ
(2019年10月25日時点・オンライン割引後)

なお、オーバーツーリズムの影響で料金値上げより深刻なのが、人気観光スポットの混雑だ。

10月下旬は本来ならローシーズンのはずなのに平日の朝でも「周りを気にせずゆっくり写真を撮りながら観光すること」は難しそうだった。僕が撮った次の1枚の写真を見て欲しい。

ドゥブロヴニク城壁は10月下旬の平日朝でもこの混み具合

光学35倍ズームのカメラ Coolpix A1000 で撮影したドゥブロヴニク城壁の様子だ。10月の下旬「平日朝」でさえこの混雑具合である。

スルジ山ケーブルカーの混雑具合

同じ時間帯のケーブルカーも、この混み具合。後ほどまた紹介するが、上記の写真はいずれもアパートのバルコニーから撮影している。

③街並みを展望できる場所が少ない

世界遺産ドゥブロヴニク旧市街の上からの眺め

ドゥブロヴニクはジブリ映画「魔女の宅急便」「紅の豚」で登場する街のモデルとして有名である。その街並みを「上から眺めること」こそドゥブロヴニク観光の目的であり、出来るなら空を飛びたいという人も少なくないはず(笑)

僕もどちらかというとこのタイプで、歴史的な建造物やレストランにはそれほど興味がない。旧市街の「街中」を散策する時間を多めに取るよりは、上から景色を眺めていたい方だ。

なのに、ドゥブロヴニクの街並みを一望できる場所は限られている。ケーブルカーは超高速で移動するうえガラス越しだし、スルジ山頂上の眺めも肉眼では微妙に遠い。城壁に登る場合も炎天下に晒されアップダウンを繰り返すうえ、写真撮影ポイントは意外と少ない……。

ドゥブロヴニクの城壁からの眺め

実は、最も眺めが良いのはスルジ山と旧市街の中間地点なのだが……これを知らずに過ごすと「3泊してもドゥブロヴニクらしい写真が1枚も撮れなかった」なんて結果になりかねない。

ドゥブロヴニクが初めての人は、滞在の日数を多めに確保しておく方が良いかもしれない。

④ホテルの位置と眺めが凄く大事

実際のところ、宿泊施設は「旧市街内」が最も多くなっている。ただ、ドゥブロヴニクらしい景色を楽しみたいなら惑わされないこと!

ドゥブロヴニクに来ている感が半端ないほど「眺めの良い宿泊エリア」は以下のとおり。

ドゥブロヴニクでのホテル選びのおすすめ

今すぐ Booking.com で地図を見る

もちろん、旧市街内のホテルも「3-day」とかのドゥブロヴニクカードを購入している人で、何回も城壁に登りたいとか、美術館や博物館を全部見て回りたい人にならおすすめできる。

だけど、旅の目的が「ドゥブロヴニク旧市街の街並みや景色を上から楽しむこと」であれば、旧市街内のホテルに泊まるより「景色」を優先して眺めを楽しむ方が僕は良いと思う。

ドゥブロヴニクの絶景を楽しもう

世界遺産ドブロブニク旧市街の上からの眺め

ここで、ドゥブロヴニクらしい景色を楽しめる方法を3つ紹介しておく。僕の1番のおすすめは1つ目の「旧市街より高い位置に宿泊する」だが、既にホテルを予約してしまっている人は別の2つの方法も参考にして欲しい。

①旧市街より高い位置に宿泊する

ドゥブロヴニクで「ガイドブックに載っているような景色を写真に撮りたい!」という人は、とにかく「旧市街より高い位置」に宿泊して、のんびりシャッターチャンスを待とう。

僕たちは今回、リビングルームとベッドルームからドゥブロヴニクを見下ろせるバルコニーの付いたアパートを借り、結果的に大満足。

ドゥブロヴニクで借りたアパートのバルコニーからの眺め

上の写真が、今回のバルコニーからの眺めだ。実際はケーブルカーの動く様子や旧市街すべて見渡せるようになっていたので、感動した。

そして光学35倍ズームの Coolpix A1000 があれば、1日中シャッターチャンスの連続。

ドゥブロヴニクで借りたアパートのバルコニーからの眺め

バルコニーで好きなときに写真を撮れることはもちろん、朝早くに周辺を散歩しながら色々な角度でドゥブロヴニクの景色を楽しめた。

ドゥブロヴニクの旧市街を見下ろせる階段

旧市街からだと階段ばかりの道を20分ほど登る必要があるが、高い位置にあるアパートに宿泊していると気軽に散歩できて最高だった。

夕焼けのドゥブロヴニクもズームでパシャリ。

夕焼けに染まるドゥブロヴニクの街並み

先に周りを散歩しておくと、夕焼けの時間帯は眺めの良いビュースポットへ戻るだけ。近場でトワイライトへと暮れてゆくドゥブロヴニクを満喫することができた。肉眼ではアドリア海のグラデーションがもっとサイドに続いていて、いつまでも眺めていたくなる景色だった。

ドゥブロヴニクのトワイライト

ドゥブロヴニクで「写真を撮りたい」という人は、絶対に旧市街より高い位置に泊まった方が良いと思う。

繰り返しになるけど、おすすめの宿泊エリアは下の画像で説明している通りなので、こちらを参考にしていただければと思う。

ドゥブロヴニクでのホテル選びのおすすめ

今すぐ Booking.com で地図を見る

②空港からのバスは左側の席に座る

2つ目にドゥブロヴニクの景色を楽しむ方法でおすすめなのが「空港からのシャトルバス」で左側の席に座るということ。

飛行機でドゥブロヴニク空港に到着した直後でテンションも最高潮のはず。左の前方に見えてくるドゥブロヴニクの景色は感動モノ!

天気に恵まれていたこともあるが、バスの車窓からのドゥブロヴニクはかなり綺麗だった。

ドゥブロヴニク空港のシャトルバスで見えてくるドゥブロヴニク

……でも、右側に座ってしまっていた僕たち。ブログの紹介用としては良い写真が撮れたから結果オーライとしよう(笑)

前回のブログで紹介した通り、ドゥブロヴニク空港から旧市街までシャトルバスのチケットはオンラインで購入できるので、少しでも早めに乗車して左側の席を確保するのがおすすめ!

僕たちも事前にチケットがあったおかげで早く乗車できたけど、左側の席の方が景色が良いということを知らなかったので。ブログを読んでくれたあなたは、同じ失敗をしないように!

③Uberで街の上へ行き階段で降りる

3つ目にドゥブロヴニクの景色を楽しむ方法でおすすめなのが、Uberで以下のポイントまでドライバーに連れて行って貰い、階段を降りて旧市街まで戻ってくるという方法だ。

ここはタクシーでも停車しやすい場所があり、すぐ階段を降りていける穴場スポット。

階段の下に広がる美しいドゥブロヴニクの景色

この階段は、映画のワンシーンに出てきそうな雰囲気があって本当におすすめ!超ローカルの方々の生活を垣間見られるのも楽しい。薔薇や檸檬や葡萄などを育てている家庭が多かった。

ドゥブロヴニクの旧市街を見下ろせる階段

ここに観光客はほとんどいないが、キッチンやバルコニーの付いた広々としているアパートはたくさんあるので、この景色を楽しみたい人はぜひこのエリアの宿泊施設を探してみよう。

ドゥブロヴニク港を見下ろせる階段の景色

階段を降りていくと、途中で少し視野が開ける場所に出る。ここの景色もまた素晴らしい。

ケーブルカーの駅から少し階段を登ったところから見下ろすドゥブロヴニクの旧市街

さらに階段を降りていくとケーブルカーの下の駅のところへ出てくるので、体力に自慢のある方は、反対にケーブルカーのところから階段を登っていくこともできる。

アパートメントがおすすめの理由

もし僕と同じように「ドゥブロヴニクの街並みを上から眺める方が好き」という方がいたら、僕はアパートメントに泊まって本当に良かったと思うので、おすすめの理由をまとめておく。

①城壁やスルジ山より眺めが良い

正直、僕たちが泊まったアパートからの景色やその周辺からの景色は、チケットを買う必要のある「城壁」や「スルジ山」よりも良かった。

ドゥブロヴニクで借りたアパートのバルコニーからの眺め

人それぞれ感覚は違うと思うので一概には言えないけど、ベッドルームやバルコニーからこの眺めが楽しめるのは凄く贅沢だと思う。

朝起きたらすぐに「城壁」や「スルジ山」より素晴らしい眺めが目の前に広がっているので、人や時間を気にせず写真が撮れるのも良い。

②シャトルバス+Uberで移動も楽々

僕がおすすめのエリアは、空港からのシャトルバスを降りた後、Uber ですぐ近くまで連れて行って貰うこともできる。料金は40クーナとかなので、日本円だと600円くらいだ。

ドブロブニクでのホテル選びのおすすめ

今すぐ Booking.com で地図を見る

パッと見た感じだと、旧市街内のホテルの方がアクセスが良さそうに見えるのは確か。でも、旧市街内にも階段はたくさんあり、ボコボコの石畳の場所がほとんど。しかも、観光客たちで混雑している中を歩かないといけない。スーツケースだと、あまり快適ではないと思う。

僕がおすすめするエリア周辺のアパートなら、眺めも良いし、ビーチや旧市街へのアクセスも良い。目いっぱい観光をして遊んで疲れたら、帰りはまた Uber を使えば良いので楽だ。

③キッチンや洗濯機もあって広い

ドゥブロヴニクにどれくらいの日数滞在するかにもよるけど、毎食レストランだとあまり良い思いをしないかもしれない。物価が高いうえ、海鮮料理も日本人からすると「美味しい!」とまでは思えないレストランが多かった。

その点、キッチン付きのアパートに滞在すれば食事のバリエーションが増やせる。そのうえ、旧市街より高い位置にあるアパートの場合にはバルコニーからドゥブロヴニクの景色を楽しみながら食事もできてしまう。

ドゥブロヴニクの景色を楽しみながらランチ

自分たちで準備したランチをここで食べる方がレストランより楽しめたのは言うまでもない。

また前述したように、ドゥブロヴニクは暑くて階段のアップダウンが激しく、ビーチもある。キッチンだけではなくてバルコニーや洗濯機があり、広々とスペースを使えるアパートの方がドゥブロヴニクでは快適に過ごせるだろう。

ドゥブロヴニク滞在のまとめ

世界遺産ドブロブニク旧市街の上からの眺め

今回のドゥブロヴニク滞在は5日間だけだったけど、ホテルではなくて景色の良いアパートに泊まれたおかげで大満足!

旧市街内のレストランは高くてあんまりだったけど、それ以外は物価もそんなに高くなくて、次回はもう少し長期で滞在したいと思った。

これからドゥブロヴニクを観光しに行くという人は、ぜひ景色の良いアパートを選んで欲しいなと思うので、参考にしてね! ではでは。

ドブロブニク空港シャトルバスの e チケットをオンライン購入+今後のルート

ドブロブニク空港から旧市街へのシャトルバスチケット購入方法

今日は「ドブロブニク空港」から「旧市街」までのシャトルバスのチケットを、オンラインで購入してみた。前日でも問題なくチケットを買えたが、シャトルバスの運行会社が今年の春に変更されたばかりらしい ので2019年10月時点での最新情報をブログに上げておきたい。

続きを読む

WordPress セキュリティ対策に 「二段階認証」 を設定する方法

WordPress のセキュリティ対策に二段階認証の設定!

WordPress のセキュリティ対策として、意外にも見落とされがちなのが「二段階認証」だ。あなたの WordPress サイトは、管理者権限のあるユーザーに「二段階認証」を設定しているだろうか?

二段階認証を導入すれば、悪意のある第三者にユーザー名とパスワードによるログインを突破されたとしても、管理画面ダッシュボードへのアクセスを防ぐことができる。導入は驚くほど簡単で「たった五分」で設定できてしまう

WordPress のセキュリティを強化したい Web 担当者の方は、今回ここで紹介している方法を参考に、今すぐ「二段階認証」を導入しよう!

続きを読む

本場エジプト料理!超濃厚モロヘイヤスープとコフタに合うそばめし?

本場エジプトでエジプト料理の超オンパレード in Dahab

今回は、ダハブ滞在中に僕がいつも行っているエジプト料理レストランから、本場のエジプト料理をオンパレードで紹介したいと思う。実は日本人の口にも合う料理が多いエジプト料理、料理好きな人が「レシピのバリエーション」を増やすのにもおすすめだ。

最初のエジプト旅行でローカルフードを食べてみたい人も、先に料理名を知っておくと便利。ということで、僕がダハブで1番お気に入りのエジプト料理店へ、早速 Let’s Go!

続きを読む

スローマッドとは? 海外長期滞在の 「究極系」 そのメリットなど

スローマッドとは?

あなたは「スローマッド」という言葉を聞いたことがあるだろうか? スローマッドは、既に注目を浴びている「デジタルノマド」の1つの形態であり、世界中どこでも好きな所で働けるノマドの長所を最大限に活かせるのが特徴だ。

今回はそんな「スローマッド」について、まだ日本語で書かれた記事が1つもなかったため、ぜひ皆さんに紹介したいと思う。

続きを読む

子テーマの functions.php 編集はもう時代遅れ?経験者も注意!

子テーマ functions.php 編集はもう時代遅れ?

WordPress では 「functions.php」 に PHP のコードを追加することで、サイトや管理画面の 「機能」 を様々にカスタマイズできる。

ただ、functions.php の編集は WordPress 初心者にはハードルが高く、書き方を間違うとサイト全体がエラーで表示されなくなるなど、リスクも大きかった。今後は、今回ご紹介する 「より安全なPHPコード管理」 が主流となるか、WordPress 本体に新機能が生まれそうだ。

WordPress を長く使っている経験者も、この流れに合わせていく方が良いだろう。初めて functions.php を編集するという方も、直接 functions.php ファイルを編集せずに、ぜひ以下の内容を参考にしていただきたい。

続きを読む

カテゴリーページのSEOにも!記事数を<title>タグに入れる方法

カテゴリ記事一覧の HTML に 「全○記事」 を表示

今回は、WordPress カテゴリーページ で、カテゴリー内の記事数をページタイトルに表示する方法を紹介したい。カテゴリーページには noindex を指定して検索結果に表示させないのが基本だが、記事が増えてくれば話は別だ。SEO対策で検索上位にも表示しやすくなる。

当ブログでも、WordPress の記事一覧 ではカテゴリー内の全記事数を取得し、HTML の<title>タグを次のように動的出力している。

WordPress サイト作成とブログカスタマイズの全12記事

「全○記事」 の 「○」 の部分は、現在の記事数が自動的に入る仕組みだ。つまり、カテゴリーの記事が増えれば、Google の検索結果にも反映される。具体的な数字が入っているとクリックされやすくなるので、なるべく自然なタイトルになるよう工夫しつつ、ぜひ活用して欲しい。

続きを読む

WordPress の 「使いにくいブロックエディタ」 は CSS でカスタマイズ!

使いにくい標準のブロックエディタはテーマの見た目にCSSカスタマイズ!

WordPress v5.0 以降の投稿画面は 「ブロックエディタ」 をベースとした Gutenberg という新エディタが採用されており、このエディタを使いにくいと感じる人は多い。

僕自身、ブロックエディタは使いにくい派で、Gutenberg は無効にしているくらいである。

とはいえ、早いうちにこのブロックエディタに慣れておく方が良いのも事実である。実際に、使いにくいながらも 「ブロックエディタのまま執筆していくよ」 とおっしゃるクライアントも僕は少なからず見てきている。

続きを読む

エジプト旅行は古代遺跡の観光だけじゃない!知られざるビーチの魅力

エジプト旅行おすすめ!知られざるビーチの魅力

エジプト旅行というと 「ギザの大ピラミッド」 や 「スフィンクス」 に代表される古代エジプト文明の遺跡巡り観光ツアーを楽しむ人が多いと思う。ナイル川クルーズで 「ルクソール」 や 「アスワン」 を訪れ、壮大なスケールの神殿を巡るコースも 「エジプト旅行の王道」 だ。

一方、北側で地中海・東側で紅海と面しているエジプトは 「美しいビーチリゾート」 も数多く有している。特に 「紅海リゾート」 の虜となり毎年のように訪れるリピーター旅行客は多い。古代遺跡は一度見れば満足だけど、物価も安く美しいダイビングスポットも多いビーチなら、 「何度でも行きたくなる」 というわけだ。

続きを読む

ブログで写真の画像サイズを小さく最適にして画像SEOも実践する方法

ブログの画像サイズ 「SEO対策の基礎」

ブログで写真を使うのなら 「画像サイズ」 と 「データ容量の大きさ」 を小さく最適に直して使うことが大切だ。

写真AC写真素材【PIXTA】 などの 「ロイヤリティフリー素材画像」 を使う場合も同じで、中サイズや小サイズでダウンロードをした画像も、ブログに合うサイズに 「ぴったり最適化」 しておきたいところ

これはブログ上の 「画像の読み込み高速化」 を行うのに最も基本的なことで、内部SEO対策の1つとしても実行しておきたいことである。

画像最適化はブログSEOの基礎の基礎であり、ブログでよく写真を使う人にはぜひ身につけて試していただきたい

続きを読む