海外旅行で便利な Google 検索の裏技ベスト10

Google 検索の裏技ベスト10

Google の検索コマンドには「隠された特殊検索」つまり「裏技」が存在する。この裏技検索では、検索に対する答えを Google が即座に表示してくれるのだ。例えば、70 シンガポールドルをユーロ換算した値段で知りたい時は「70 sgd to eur」と Google で検索すれば良い。

このように Google 検索の裏技では、海外旅行中に役に立つ「便利な検索方法」が多くある。今回の社長気分では、海外で使える Google 検索の裏技「ベスト10」を紹介する。

目次:僕が海外旅行で使う Google 検索の裏技
  1. 裏技1.飛行機の便名でフライト情報を検索
  2. 裏技2.weather + 地名で天気を検索
  3. 裏技3.華氏温度 degrees Fahrenheit to Celsius で検索
  4. 裏技4.出発地 to 目的地で有効なルートを検索
  5. 裏技5.mi to km でマイルからキロメートルへ換算
  6. 裏技6.計算式と通貨単位の換算を組み合わせて検索
  7. 裏技7.restaurants near me で検索
  8. 裏技8.足のサイズ cm + shoe size で検索
  9. 裏技9.time + 地名 で検索
  10. 裏技10.hotels + in 地名で検索

僕が海外旅行で使う Google 検索の裏技

さて、それでは早速ググってみよう(Google で検索してみよう)。裏技で検索と言っても、基本的には普通に Google で検索をするだけである。ポイントなのは、あなたが知りたいことに対して「どのように」検索キーワードを使うかだ。それぞれ見ていこう。

裏技1.飛行機の便名でフライト情報を検索

Google 裏技1.飛行機の便名でフライト情報を検索

この裏技を使えば、あなたが知りたいフライトの情報を即座に確認することができる。海外旅行へ出発する日の当日、もしくは家族や友人が到着する日の当日など、飛行機の便名さえ分かっていれば、わざわざ航空会社のサイトを訪れたりすることはなく、フライトレーダーのような分かりにくいアプリをスマホにインストールしておく必要もない。

方法は実に簡単。基本的に、飛行機の便名を入れて検索するだけで良い。もしもそれで結果が表示されないようであれば、便名の後ろに「status」もしくは「状況」というキーワードを追加し、それでも表示されないようであれば、航空会社の名前をキーワードの先頭に入れてから再検索してみよう。

普段 Google ではなく Yahoo! を利用しているという人へ、少し補足をしたい。Google は世界シェア No.1 の検索エンジンであり、今インターネット上の検索のうち約 90 % は Google の検索エンジンにより処理されている。日本でも今や普通の小中学生が「ググる」という言葉を使うほど、ネットで検索と言えば Google という状態になってきている。なお、日本の検索エンジンのシェア率は Google が 1 位で 61.12 %、Yahoo! Japan が 2 位で 32.57 % であり、9 割以上を占める。また Yahoo! Japan も裏側で Google の検索エンジンを採用しているため、実質、日本の検索結果のほとんどは Google により提供されている。

裏技2.weather + 地名で天気を検索

Google 裏技2.weather + 地名で天気を検索

こちらの裏技は、旅行前や旅行中に各地域の天気もしくは気温などをサクッと知りたい時に便利だ。方法は「weather」もしくは「天気」の後ろにスペースを空け、地名を入力して検索するだけだ。降水確率、風予測などの表示はボタンを押すと切り替えが可能であり、日付を選択することで知りたい日の詳細な天気予報を見ることもできる。

裏技3.華氏温度 degrees Fahrenheit to Celsius で検索

Google 裏技3.華氏温度を摂氏に換算

こちらの検索は、華氏と摂氏による温度換算を表示してくれる裏技コマンドだ。

Fahrenheit と Celsius は検索キーワードとして入力するには面倒なように見えるが、Google の検索ボックスに温度および degree ぐらいまでを入力すると、その後の入力はサポートしてくれる。また摂氏から華氏に換算したい場合は、キーワードの順序を逆にすれば良い。

アメリカで現地の人と何かしらのキッカケで温度の話になった時、現地のテレビで天気予報を見た時など、華氏に慣れるまでの暫くの間は、すかさず Google 先生に聞くと良い。

裏技4.出発地 to 目的地で有効なルートを検索

Google 裏技4.出発地 to 目的地で有効なルートを検索

この検索コマンドは、出発地から目的地までの行き方を調べたい時の裏技。方法は簡単で、出発地と目的地の間に to を入れ Google で検索するだけ。有効な移動手段に応じ、飛行機での行き方、車での行き方、電車やバスなど交通機関を優先する行き方、徒歩移動を優先する行き方など、検索結果として一発表示してくれる。

裏技5.mi to km でマイルからキロメートルへ換算

Google 裏技5.mi to km でマイルからキロメートルへ換算

こちらの裏技もアメリカもしくはイギリスで使う機会が多い。あなたは、時速 100 マイルと聞いた時、それが時速何 km かどうか瞬時に理解できるだろうか? パッと回答できる人が周りにいる時はそれで良いが、誰にも聞けない時は Google 検索の裏技を使おう。

ここで覚えておくと良いのは、Google 検索ではほとんどの単位換算を瞬時に解決してくれるということ。マイルからキロメートルへの換算だけではない。ヤード、フィート、インチ、ポンド、パイント、ガロンなど、使い慣れていない単位での表記を見つけた場合、Google で「換算前の単位 to 換算後の単位」という風に検索すれば良い。

裏技6.計算式と通貨単位の換算を組み合わせて検索

Google 裏技6.計算式と通貨単位の換算を組み合わせて検索

Google の裏技検索は、ショッピングの強い味方でもある。例えば、Buy One, Get One 50% というプロモーションを見た時、あなたが気になるのは 1 つ当たりの値段が日本円でいくらになるかだろう。そんな時には、Google 検索で計算式と通貨単位の換算を一気に入力しよう。そうすると、現在の通貨レートで計算した答えを返してくれるからだ。

じゃあ、5 ドルの商品に対して Buy 2, Get 1 Free というプロモーションがあった場合では? 計算式となる「5 * 2 / 3 usd to jpy」をキーワードに入力して Google で検索する。これだけで、1 つ当たりの日本円での値段を瞬時に表示してくれるというわけだ。

この裏技は、海外旅行および海外出張の際、様々な場面で役に立つ。例えば、レストランやタクシーなどで誰かが全員分を払ってくれた時、日本に帰ってから日本円で返すということがしばしばある。また、海外ではホテル代が部屋単位でチャージされるのが基本。日本円で宿泊費が 1 人何円になるか計算したい時にも使えるだろう。この裏技は、最も実用的でかつ使用頻度も高いものと言えそうだ。ぜひ使いこなして欲しい。

裏技7.restaurants near me で検索

Google 裏技7.restaurants near me で検索

近くにあるオススメのレストランを手早く知りたいとき、周りの人に聞くのは良いけれど、ある程度の選択肢から自分で選びたいと思うのは当然のこと。そんな時、先に Google 先生に「restaurants near me」と聞いてみよう。その結果を見せながら周りの人にオススメを聞くことで、より現実的で、より有益な情報を聞き出すことができるだろう。

この裏技をより正確に機能させるには、スマホの GPS 機能が有効になっている必要がある。海外旅行中はスマートフォンのバッテリーを長持ちさせるために GPS 機能はオフにしておくことをオススメするが、いざという時には GPS 機能は欠かせない。裏技はレストランだけでなく「cafe near me」や「club near me」など応用も効くので、合わせて覚えておこう。

裏技8.足のサイズ cm + shoe size で検索

Google 裏技8.足のサイズ cm + shoe size で検索

こちらの裏技はショッピングの時だけではなく、ダイビングセンターやスキー場など、足のサイズを尋ねられる時にも使える。あらかじめ海外での自分の足のサイズを覚えておくことが出来ればそれに越したことはないのだが、世界中どこに行っても臨機応変に足のサイズを答えられる人はなかなか少ないだろう。旅行前には、あらかじめ Google で shoe size を検索しておくと良いかもしれない。

裏技9.time + 地名 で検索

Google 裏技9.time + 地名 で検索

旅先から国際電話を掛けるとき、電話を掛ける相手側のローカル時間を知りたい時がある。そんな時、僕はあまり何も考えず Google の裏技検索を使う。例えば、time paris と検索するとパリの現地時間が瞬時に分かる。これはとても便利だ。

様々な国の人とやり取りをする場合、腕時計やスマートフォンなどのデュアルタイム機能を使うより、必要な時に Google で検索をする方が手っ取り早くて助かる。また、ヨーロッパやアメリカでは夏時間による微調整などもあり、記憶だけを頼りに毎回時差を計算するというのも非現実だったりする。つまり、海外の現地時間が知りたい時には、time + 地名で Google 検索をする方法が「最も確実」かつ「最も便利」と言えるだろう。

裏技10.地名 + hotels で検索

Google 裏技10.地名 + hotels で検索

ここまでの記事を読んだあなたは、海外旅行へ出掛けたくなったかも知れない。今、どこか行ってみたいと考えている場所があるなら、この裏技検索を使ってみよう。Google へはまず地名および泊まりたいタイプの宿泊施設をキーワードとして伝えることができる。例えば、hotel、hostel、guest house、villa resort など、目的や好みに合わせて言葉を変えれば良い。そうすると、Google がインターネット上の情報を集めてオススメの場所を表示してくれる。

宿泊期間、予算、ユーザー評価、ホテルランクなどは検索後に右上で絞り込むことができ、その後は Google マップを見ながら宿泊地候補をじっくりと比較検討できる。とても便利だ。海外ホテルを自分で予約する場合、もはや比較サイトを使うことが減ってきた。

余談だが、あなたの海外旅行をより特別なものにしたいなら、僕は Airbnb で Private roomに泊まる という選択肢をオススメする。旅は人生を変えるもの、どうせなら現地で暮らす人々との新しい出会いを積極的につくろう。

海外旅行のお供に Google 先生を!

いかがだったろうか? 今回ご紹介した Google 先生の裏技検索ベスト10は、僕が何気なく使っていたものを厳選してまとめたものである。知っている人は使えるけど、知らない人は使えない、つまり「裏技」という言葉がピッタリの検索機能だ。かなり長編の記事となってしまったが、より快適で素敵な海外旅行のため、ぜひ多くの人に読んで貰えればと思う。