ハワイで超格安レンタカーを借りられる驚きのサービス TURO が凄い!

もしハワイで格安のレンタカーを借りたいなら TURO が断然おすすめ

今回はハワイで超格安レンタカーを借りられる驚きのサービスを見つけたので、早速だが紹介しよう。

ハワイは世界的にも有名なリゾートだが、もしこのサービスを使えば1日$25という超格安の料金でレンタカーを借りることも可能である。

そのサービスの名前は 「TURO」 というもので日本ではよく知られていない。そこで今回は、アメリカで快進撃を続ける大注目のサービス 「TURO」 について、一体何が凄いのか、そして「安さの秘密」 に迫っていきたい。レンタカー業界の構図は今後、大きく変わるだろう。

なお記事後半では、僕たち夫婦が 「TURO」 のレンタカーを借りてみた感想から、オアフ島で訪れてきた場所の写真なども紹介している。

ハワイの通常レンタカー料金の比較

まず、ハワイで普通にレンタカーを借りる場合の料金を、海外レンタカーの一括検索サイト「レンティングカーズ」 で調べてみよう。以下のような画面が表示されるので、一般的なレンタカー会社の料金はここでパパーッと比較できてしまう。

ハワイにある各レンタカー会社の料金を比較できる

コンパクトカーのレンタルで、相場が1日$53くらい。3日間のレンタルなら$159、5日間のレンタルなら$265の値段になる。

上記比較サイトも便利でおすすめだが、今回のおすすめはあくまでも 「TURO」 である。1日$53という相場を覚えたら、次は 「TURO」 の料金を見てみよう。

TUROは比較サイトに載っていない

ハワイのどこのレンタカー会社よりも安い「TURO」は、比較サイトには載っていない

現在「TURO」のサイトは 海外レンタカーの一括検索サイト「レンティングカーズ」 には含まれていない。これは理由があり、どちらを好むかは人それぞれだろう。

ただ僕自身は今回、ハワイではじめて 「TURO」 を使ってみて、少しでも英語を話せる人ならば 「TURO」 を使わない手はない印象を受けた。

TUROならレンタカーがこの価格!

では、今回おすすめする「TURO」での料金を見てみよう。ちょっと目を疑いたくなるほど、格安の値段が設定されている! サイト上では、下のような車がたくさん見つかる。

ハワイなどアメリカで格安のレンタカーを借りられる「TURO」

レンタル料金は「車種」「年式」「車の状態」などによって異なるが、一般的なレンタカーで車を借りる場合と比べると、圧倒的に安い料金となっている! 2006年式アメ車が1日$21で借りられたり、以下のように新型プリウスさえ1日$43で借りられたりするから驚きだ。

燃費の良い新型トヨタプリウスの赤、ハワイで借りるレンタカーとしては格安!

他には、フォルクスワーゲンの開閉式オープンカーが1日$38で見つかった(実物写真を見て車を借りるか決められ、好きな車の色で検索の絞り込みをすることなんかもできる)。また、上記のプリウスもそうだったが、こちらの車は指定エリア内のデリバリーが無料というおまけ付きである。ホテルやショッピングモールまで届けて貰うということも可能だ。

ハワイなのに格安でオープンカーを借りられるのも「TURO」の魅力

これだけの内容でなぜこんなに安いのかというと、その秘訣の説明はちょっと長くなるので、次で説明しよう。

TURO は「Airbnb」の車版

少し脱線するが、皆さんであればもうおそらく Airbnb のことをご存知だろう。日本でも民泊新法ができ Airbnb で海外観光客をホストする 人たちは急増している。もしまだ Airbnb で旅行したことがない人は、国内・海外どちらでも良いので Airbnb を使った旅の素晴らしさをぜひ体験してみて欲しい と思う。

airbnb(エアビーアンドビー)のロゴ

僕の人生観を大きく変えたのも、はじめて Airbnb を使ってサンフランシスコで宿泊したとき だ。2010年は僕もまだ会社員だったが、国や人種や言語のすべてを超えて「人対人」でサービスを提供しあう新しい世界に自分自身も飛び込みたいと思わせてくれた。

あれから7年、日本でも「民泊」という言葉が政府によって使われるようになり、Airbnb の知名度はとても高いものになっている。Airbnb は、空スペースのある家・アパートメントなどを持っている世界中の人たちをビジネスマンに変え、世界中の旅行者へは「ホテルより安くてホテルより便利でホテルより素敵な宿泊施設」を提供することに成功したからだ。

実は今回の「TURO」に関しても、これまでの 「レンタカー会社」 対 「人」 の関係が見直され、レンタカー業界に大きな影響を与えるはずだ。

基本的には「誰かの車」をあまり使っていない間に貸してもらうサービスで、車の所有者と「人対人」のコミュニケーションをしながら、個人間でやり取りを行うことになる。お互いに信頼できる「TURO」というプラットフォームがあるので、保険や補償の心配も不要だ。

Airbnb+TURO という旅の形

ということで、僕はこの「TURO」をおすすめしまくっていきたい。北米では急速に成長しているらしく、今後は「Airbnb+TURO」の旅が標準になっていくだろう。

airbnb と TURO が旅の標準に

なぜなら、格安のレンタカーを借りられるだけでなく、Airbnb のように「現地の人」と会う楽しみもできるからだ。ビジネスライクでない思いがけない 「地元の人からの生の話」 を聞くことができたり、ローカルしか知らない情報を入手できたりするのが何より素晴らしい。

今回のハワイ旅行も、Airbnb と TURO を使い出会った人たちのおかげで、初のハワイなのに 「オアフ島の島中を快適にドライブ」 することができた。もちろん、ホテルに宿泊し一般的なレンタカーを借りるより「ずっとお得な料金」だったことは言うまでもない。

★ Turo の $25 招待クーポンについて

当ブログは Turo をはじめて利用する方向けに $25 招待クーポンを配布してきたが、2019年7月25日に招待クーポン制度が終了している。今後は、初回ユーザーの方も Turo 通常料金で利用することとなるが、一般的なレンタカーと比較すればそれでもまだ超格安の料金である。

また別の制度が設けられる可能性があることも言及されているので、更新があればまた情報を公開していきたい。

★ ハワイのレンタカー会社は評判が悪い?

僕たちは今回がはじめてのハワイで、いきなり TURO を使ったため、普通のレンタカー会社をハワイで使った経験があるわけではない。

だけど、インターネットで少し調べてみると、オフィスへのアクセスが超不便で、レンタルの手続きには時間が掛かり、オプションサービスへの勧誘が酷い といった評判が目立つ。

TURO では「人対人」のやり取りなので、こういった点はむしろ反対であり、丁寧親切だ。

電話連絡は必要だったものの、空港ロータリーまで直接迎えにきてくれたくらいだ。手続きで待たされることも全くなかったし、僕たちは TURO を使って本当にラッキーだった。

★ TURO を使うもう 1 つのメリット

ハワイのレンタカーには、日本のレンタカーの「わ」ナンバーのようなレンタカーだと分かるナンバーがあるわけではないらしい。ただし、レンタカー会社が車の 「管理用ステッカー」 を貼っていたりする可能性が高い。そうすると、車上荒らしからのターゲットになりやすいとのことだ。ところが TURO で車を借りる場合、そのリスクを減らせるメリットがある。

★ Google オフラインマップでカーナビ不要

アメリカでは、Google マップで「オフラインマップ」を事前にダウンロードしておくだけで GPS を使ってカーナビ代わりにできる。iPad などタブレットなら、大きくてより見やすい。

カーナビ付きの車でなくても、こういった工夫次第で快適にドライブできるはずだ。僕は日本から「シガーソケット用のUSB充電器」も準備して持っていった。

ハワイで車を運転してみた感想

僕たちは今回6日間のハワイ滞在だったので、初日から最後まで TURO で見つけた2014年式日産ノート (1日$25) であちこちを運転した。6日間あれば、オアフ島にあるフリーウェイやビーチ沿いの道も走り慣れたものだ。僕たちはサーファーではないが、1日でスノーケリングとハイキングの両方を楽しんだりもできたのでやっぱり車があって良かったと思う。

ハワイのオアフ島をレンタカーであちこち探検!

当然、もし車を借りていなかったらこんな風に 「自由気ままにあちこち」 は行けていなかっただろう。レンタカーを借りっぱなしにしていたおかげで、午前と午後で別のビーチに行って、帰り道には別のビーチでサンセットを眺めるというような形でハワイを満喫できた。

レンタカーがあると穴場スポットへのドライブも簡単!ハワイの夕日はとにかく綺麗

最後に、ハワイで車を運転してみて僕が印象的だったことも簡単にまとめてみたので、ハワイ旅行でドライブを楽しみたいと考えている人は参考にしてみて欲しい。

1. 国際運転免許なしで運転できる!

僕は、既にヨーロッパ、アフリカ、東南アジアなどでも車を運転した経験もあるし、国際運転免許証も常に持っているのだが、ハワイ州では条件を満たせば日本の免許証がそのまま使える とのこと! 僕はこのことを後で知った。

とはいえ、国際運転免許証がない場合「現場の警察官がそのことを知らず、無免許運転として処理されてしまう可能性がある」とのことで、やはり気をつけたい。また入国から1年以内が条件とのことで、証明のため常にパスポートを携行するようにしよう。

日本で国際運転免許証を取得しておけば(京都市なら 京都駅前にある運転免許センター ですぐ発行して貰える)1年間有効で、世界中の色々な場所で運転できるので、できれば事前に国際運転免許証を取得のがおすすめだ。

2. 格安の「TURO」なら余裕!

僕たちは以前、ナミビア(南アフリカ共和国の隣国)でもレンタカーを借りたことがあるのだが、そのときの料金は今回のハワイよりずっと高かったということを言っておこう (笑)

正直、1日たった$25という価格で 「ハワイ」 でレンタカーを借りられるのは常識外れである。こんなに贅沢なハワイ旅行で、意外とお金には余裕があったのは嬉しかった。今回、ハワイは想定していた予算よりずっと安くで旅行できることも分かった。

今度またハワイに行くときはオアフ島以外にも行ってみたいと考えているので、そのときにもきっと、この「TURO」を使うだろう。

3. ハワイの道路は運転しやすい!

もともと大きな車が大きいせいか、ハワイでは車線幅が日本より広かった気がする。それと、オアフ島の中心はフリーウェイ(完全に無料の高速道路)で片道5車線にまで広がるところもあり、まだ運転に慣れない間でも「スムーズに流れに乗ることができる」気がした。

ただ、僕たちは色々なビーチを試してみながら「ドライブを楽しむ」というスタイルだったので、ショッピングエリアの移動にレンタカーを使おうと考え中の人は考え直した方が良いかもしれない。ワイキキ周辺は信号待ちも多いし、渋滞もしやすい。僕たちは内陸に入った閑静な住宅街にある Airbnb を借りていたので、渋滞には巻き込まれずに済んだのだ。

いずれにしても 「全体的に見るとハワイの道路はとても良く整備されていて運転しやすい」 というのが僕の感想だ。

4. ビーチパークの駐車場が便利!

僕たちが今回訪れたオアフ島のビーチは、そのすべてに無料駐車場が設備されていた。しかもトイレやシャワーも「ビーチパークの設備」であり、普通に誰でも使うことができる。フリーウェイも完全無料だったが、とにかくハワイはレンタカーで動く方がずっと便利な印象だ。

駐車場からビーチまでの距離も短いし、日本のビーチのように激しく混むこともない。ただ、10月上旬というオフシーズンだったこともあるかもしれない。午後になってからでも駐車場の空き待ちは最長5分で済んだ。ハイシーズンの場合、もっと長い時間の 「駐車場の空き待ち」 があるかもしれないことを覚えておこう。

なお、個人的な印象として、ハワイの人たちは譲り合いに積極的な運転のイメージだ。駐車場の空き待ちのときも、出てきた車のドライバーはいつも車の窓を開けて挨拶してくれた。

5. ガソリン料金も日本より安い!

ハワイでガソリン料金を見ると一瞬とても高いように見えるが、何てことはない。実は料金が「リットルあたり」ではなく「ガロンあたり」なのだ。僕たちがレンタカーを返す前に入れたガソリン料金は1ガロンあたり約$3だったので 「1リットルあたり約89円」 という計算になる。

ハワイって何でも高そうなイメージあるけど、車周りのことに関しては例外のようだ。

もちろん、僕たちは 「TURO」 のおかげもありレンタカー自体の料金が格安だった。ハワイはカップルや家族連れの旅行が多いと思うので、もし移動手段にあまりお金を掛けず自由に色々なところへ行きたいのなら「TURO」を使ったレンタカーが断然おすすめだ。

6. 保険には必ず入っておこう!

「TURO」 では 「人」 対 「人」 で車の貸し借りをおこなうので、もし万が一のことがあったときは、事故による損害を支払わないといけない。海外 (しかもアメリカ)だから、保険がなければ非常に困ったことになるだろう。ということで、保険には必ず入っておこう。

なお「TURO」でレンタカーを予約するとき、車や事故に対する損害保険に入れる。ただし、怪我を負ったり負わせたりしてしまった場合の支払いはカバーされていない。必ず自分自身でアメリカン・エキスプレスなど付帯保険条件が良いクレジットカードを持っておくか、日本でおすすめされている海外旅行保険 で自分に合うものに入っておこう。

7. SIMカードの準備も忘れずに!

ハワイで使えるSIMカードがあると、いざというときに便利!

ハワイのホノルル国際空港では、2017年10月時点でも WiFi が提供されていない。もしも「TURO」で誰かの車を借りるなら、空港までデリバリーをしてもらう場合であっても連絡を取れるよう準備しておかなければならない。

現地でのネット接続や携帯電話での連絡手段を確保したい人は、あらかじめ日本にいるときにアメリカで使えるSIMカードを購入して準備をしておこう。Amazon なら Amazonプライム を使うことで注文した翌日に届くので、ギリギリでも準備が可能だ。

★ 車の持ち主に連絡するため+緊急用

TURO で車を貸してくれる人の連絡先は事前にメモしておき、空港に着いたら手荷物受取前に素早く連絡するのがおすすめだ。僕は今回だと mostsim 7日間 「無制限使い放題」 の SIM を購入していたので、すぐに連絡が取れた。

ZIP SIM というもう少し安い SIM カード もあるらしい。現地で万が一交通事故を起こしてしまった場合など通話が必要なときにも役立つので、念のために持っておくと安心だろう。

TURO のまとめ

今回、僕たちは日本から南米ベリーズへ向かう途中でハワイに立ち寄った。5泊6日と僕たちにとっては比較的短めの滞在期間となったハワイだったけど、超格安のレンタカーのおかげで、たくさんの場所を見て回れて凄く良かった。

今アメリカで快進撃を続けるサービスTUROでレンタカーを借りれば、

  • 「人」対「人」の繋がりを持てる
  • レンタカー会社よりも安く借りられる
  • ホテルや空港への送迎サービスまである
  • 長蛇の列や面倒な手続きは一切なし
  • 車はあらかじめ写真で確認できる

と良いことづくめ。ぜひ友達におすすめしたいし、この記事を読んでくれた方にも、僕たちのような「Airbnb+TURO」の旅スタイルをぜひ楽しんで欲しいと思う。

airbnb と TURO が旅の標準に

▼ 2019年ハワイ最新ブログ ▼

ダイヤモンドヘッドの 「絶景パノラマビュー」 が独り占めの写真スポット

ハワイ・オアフ島で奇跡のシュノーケリング!ウミガメ5匹と泳ぐまで

追記:日本で TURO は使えないの?

2019年5月時点では、まだ「TURO」は日本にサービスを展開していない。ただし、個人間でカーシェアリングができるサイトはあり、日本でも少しずつ人気が出てきている。

高級車レクサスやベンツのレンタカーが超得!さぁ車版 Airbnb を始めよう

週末のお出掛けに高級車を借りたり、グループ旅行のために8人乗りのミニバンを借りたり、使い道は色々ある。一般的なレンタカーよりも料金が安く、受け渡し方法も柔軟だ。

車を持つ人は、カーオーナーとして登録すると副業にもなるので、ハワイで TURO を使ってみて良かった人はチェックしてみよう。