フランスでの結婚指輪の相場と、旅行中に購入する場合の注意

結婚指輪の相場の不思議?

国際結婚のバタバタもようやく少し落ち着いたので、これまでブログには書けていなかったことを徐々に書き残していこうと思う。まずは手始めに、あまり知られていない結婚指輪の相場について。そもそも海外で宝石を買う日本人なんて少ないのかもしれないけど、中にはこういうことを検討している人もいるはずなので、誰かの役に立つことを期待して。

日本で買わなかった理由

ちなみに僕たちは、フランスのパリで結婚指輪を購入した。その理由はとてもシンプルで、妻から「日本は結婚指輪の相場が高い」と言われたから。カップルが結婚指輪を決める方法は様々かと思うが、僕たちは幾つかのお店を一緒に見て回り、相談をしながら決めた。日本でも、結納のために帰国していたときに(過去の記事を参照)百貨店に入るブランドの指輪などを見た。具体的には、高島屋と大丸のはしごである。

過去の記事:結納品の意味に「感激」の涙。日本に、結納があって良かった!

百貨店の結婚指輪の相場は、例えば「シンプルなデザインの指輪」で、十万円を少し上回るくらいの価格だった。少し凝ったデザインになると十五万円は下らないようだったが、僕はサイズ直しやアフターケアなどのサービスが生涯保証という言葉に踊らされ、それなら高くないんじゃないの? という気持ちになっていた。二人で約三十万円である。

フランスで結婚指輪が安い!?

ここで話し合ったポイントは2つあった。結婚指輪の価値、そしてお金の使い道だ。

妻「フランスの結婚指輪は高品質だけどこんなに高くない。結婚指輪にお金を掛けるくらいなら、そのお金でどこかに旅行できる方がずっと良いわ。」

僕「それはそうだけど、このデザインなんか結構いいよ。それにサイズ直しやアフターケアのサービスが生涯保障されてるのは安心だし(しつこい)、きちんとしたブランドの指輪でこの値段なら安い方なんじゃないかな。」

妻「そんなことないわ。それに私はブランドの指輪じゃなくて良いの。結婚式までフランスでまだ時間があるから、あちらに行ってから決めても良いでしょ? それよりも浮いたお金でどこに行きたい?」

つまり、結婚指輪はフランスなら安く買える。妻はそう確信を持っていた。それにしても、どこまでも旅好きな2人。旅行に価値観の違いがないグローバル・ノマド夫婦は、21世紀の最強夫婦かもしれない。

妻とフランス観光、エッフェル塔と記念撮影

フランスでの結婚指輪の相場

結果的に、僕たちは「Histoire d’Or」というジュエリーブティックでゴールドの結婚指輪を購入した。1番シンプルなデザインの指輪であれば、日本の相場の3分の1くらいの価格であり、これには本当に驚いた。僕たちは少しオリジナルなデザインを選んだが、それでも半分以下の価格に収まった。しかも生涯アフターケア付きである!笑

店舗でのサービスも、日本と何ら変わりはなかった。フランスにはジュエリーのブティックショップがとても多く、パリの街中では、直径1km圏内に5店舗以上ということも珍しくない。競合店舗との競争心がサービスの質を向上させているのかもしれない。ただし、電話での対応や何かあった時の接客については凄くドライで、日本のような手厚いおもてなしは期待できない。もちろん、ショーメ、モーブッサンなどブランド店なら話は別かも。

参考:パリ5大宝飾店 “グランサンク” 【ハイジュエリーブランド】

話のついでに、フランスには有名ブランドが多い。カルティエ、ディオール、シャネルなどは日本でも人気のブランドだが、どれも本店はパリにある。結婚指輪は一生身に付けるものだから、今回くらい特別にブランド物を買いたい…というカップルもいるはず。フランスで買うと免税の手続きは少し手間だが、日本で買うよりもリーズナブルになり、2人の思い出にもなって一石二鳥になる。

ただブランド物の場合は、日本で購入する価格の3分の1というワケにはいかない。むしろユーロ円のレートによっては、フランスで買う方が少し割高になることも起こり得る。この辺りのことは、実際にブランド物の指輪を海外で購入されている方々の意見を参考にすると良いだろう。

参考:フランスで婚約指輪を購入したい! – 教えて!goo

海外旅行中に結婚指輪を購入する場合の注意点

これは別に結婚指輪に限った話ではなく、婚約指輪あるいは記念指輪でも同じ話なのだが、海外旅行中に指輪を購入したいと考えている人は、2点ほど注意しておくべきことがある。

まず1つ目は、指輪の納期について。参考までに僕たちの場合は、既成のデザインを選んで指のサイズを測り、サービスだった刻印入れをお願いして1ヶ月待ち。2人ともがその場にある指輪を購入するという場合を除けば、指輪が完成して受け取れるまでの期間のことも、頭に入れておかなければならない。また日本とは異なり、諸処の事情で納期が遅れるという可能性も少しは想定しておこう。こういうことは、大いにあり得るそうなので。

次に、ヨーロッパと日本では流行のデザインに違いがあるということについて。日本の指輪では可愛らしいデザインが多いが、海外ではスタイリッシュでシンプルなデザインや、宝石をしっかりと強調したようなデザインが好まれる。またブランド物であっても、日本にしかないデザインの指輪という場合もあり、同じブランドだから手に入るはずという前提だと、思わぬ形で予定の変更を強いられるかもしれない。この辺りは、事前に把握しておこう。

参考:日本はプラチナ、ヨーロッパはゴールドが主流なのはなぜ?

あとがき

ゴールドの結婚指輪(フランスで購入)

僕たちが選んだゴールドの結婚指輪は、表面につや消しのライン加工が施されていて、少しモダンでありながらも落ち着いた雰囲気がある。ヨーロッパではこういうスタイリッシュな指輪が多く、しかもお値段は日本の相場よりお手頃! しかし、お手頃だからといって品質が悪いというわけではない。プラチナ製でセミオーダー&フルサービスが標準の日本では、そもそも結婚指輪の相場自体がヨーロッパよりも高いということらしい。

あ、ちなみに今度、浮いたお金で(?)コタキナバルへ旅行に行きます。バリ島から直行で約2時間のフライトで行けるうえ、往復でたったの1万円! ホテルなどは取らずに Airbnb のクーポン で宿泊するので、日本国内旅行より割安な旅になりそう。現地に住んでいる人と食事の約束もしていて、今から楽しみ! この話も近々ブログに書きます。それでは!

書きました ↓
エアビーアンドビー (Airbnb) クーポンで南国のコタキナバルへ