結納品の意味に「感激」の涙。日本に、結納があって良かった!

結納で「結ぶ」家族の絆

この記事に辿り着いた読者のうち、どれほどの人が「結納品の意味」を知っているだろう?結納は日本の伝統行事でありながら、昨今では「略式結納」や「同時交換結納」など、現代社会のニーズに合わせられた「モダン結納」が増えてきている。

しかし何を隠そう、ほんの数カ月前まで「結納」について何も知らなかったのは僕自身だ。今回は、そんな僕が2ヶ月の期間かけて準備してきた「国際結婚に向けたオリジナル結納」の話である。世のすべてのカップルに、参考にして欲しい。

国際結婚で結納をするまでのいきさつ

僕の婚約者オリアンはフランス人だ。今年、交際1年半の末にプロポーズをして、婚約指輪を渡した。この 僕のロマンチックなプロポーズ は、オリアン本人がブログでも書いている通りで、僕たちはすでに、海外のバリ島で共同生活をしていた。

お互いの両親ともすでに会っており、実家に泊まったり、一緒に旅行をしたりする間柄だ。だが、日本とフランスで遠く離れて住む「両親同士」はまだ会ったことがなかった。僕たちは2人で話し合い、日本の伝統行事である「結納」を執り行なおうと決めた。

6人中4人が海を超え「京都」にて結納

僕たちにとって、単なる「顔合わせ」ではなく「結納」を選ぶことは必然的だった。これは一生に一回のチャンス。それに、僕たちはバリ島から京都へ飛び、オリアンのご両親もまたフランスから京都へと飛ばなければならない。そうとなれば、結納をするべきだ。

ところが、日本人の僕でも、結納についての知識はあやふやなものだった。まずは、結納をする意義や、結納品1つ1つの意味などを詳しく調べる必要があった。また「結納の日は、きちんと着物を着たい」という思いから、京都で着物を借りられる場所も念入りに調べた。

結納について調べてはじめて分かったこと

結納とは、まず男性側が「女性側の家」へ訪問するのが基本で、大きく分けると「関東式」と「関西式」そして「九州式」の3つがあると分かった。さらに調べると「最近は顔合わせで済ませる人の方が多く、結納をする人も略式結納が主流である」とのことだった。

このように、結納について調べてみると、一言に「結納」と言っても「地域や人それぞれにやり方が少しずつ違う」ということが分かる。そして、海を越えて「国際結納」をする自分たちは、女性側の両親をはるばる海外から招いている時点で、すでにユニークだった。

正式でも略式でもない自分オリジナルの結納

結納品は「関東式」と「関西式」そして「九州式」すべてを取り入れれば、バリエーションはとても豊富になる。もし「正式」や「略式」など「結納の形式」にこだわりがなければ、それぞれの結納品の意味を自分で受け止め、オリジナルの結納品を選ぶのもありだろう。

僕は、男性側から女性側に贈るだけの「結納返しのない形式」を提案した。そして、お互いフランス語と日本語で書いた「家族書」を準備し、結納品には、寿留女(するめ)、寿栄広(すえひろ)、子生婦(こんぶ)、友白髪(ともしらが)、結美和(ゆびわ)を選んだ。

寿留女(するめ)

素晴らしい女性に贈られるという「寿留女(するめ)」には、噛めば噛むほどに味が出るという「円満な家庭を願う思い」も込められている。

寿栄広(すえひろ)

いつも世界を飛び回り「幸せで開けた人生を送りたい」と願う2人にピッタリだったのが「寿栄広(すえひろ)」だ。どうか末広がりな人生を。

子生婦(こんぶ)

生命力が強くて、繁栄していく家族を願った「子生婦(こんぶ)」は、喜ぶ(よろこぶ)とも言葉が掛かっており、日本の縁起物の代表格である。

友白髪(ともしらが)

「友白髪(ともしらが)」には、夫婦が「いつまでも一緒に強い絆」で結ばれますように、また「共に白髪になるまで仲睦まじく」という願いが掛かっている。

結美和(ゆびわ)

プロポーズの際も登場した婚約指輪。ここでは「結美和(ゆびわ)」という、結納ならではの「縁起の良い字」があてられている。

結納のハレ姿「振袖のお着物」で写真撮影

衣装協力:京都嵐山・紅姫 結納会場:京都嵐山・花のいえ

しきたりに従う結納ではなく家族のために

結納の日、僕の両親とオリアンのご両親は、長い時を経てようやくの初対面となった。僕の父親が起立して日本語で挨拶を述べると、それを僕が英語に通訳し、オリアンもフランス語へと通訳する。それは厳かな雰囲気でありながら、同時に3人が喋る楽しい空間だった。

次に、お互いの家族書を交換した。僕の家族書はフランス語、オリアンの家族書は日本語で書かれている。当然「オリジナルな結納」なので、家族書は「単なる家族構成」ではない。あったら良いなと感じた「家族の背景」や「それぞれの職業」なども記述しておいた。

結納品の意味をとても丁寧に説明する母

いよいよ僕がオリアン家に「結納品」を差し出すときがきた。もしこれが日本人同士の結納であれば、1つずつ「結納品の意味」を説明する必要などないだろう。しかし国際結婚での結納の場合には「縁起物に願を掛けるという日本の風習」から説明していく。

ここで母が「結納品の意味」をとても丁寧に説明をしてくれた。そうすると僕は英語の通訳に回り、オリアンもフランス語に通訳する。オリアンのご両親は「結納品の美しさと意味」に感銘を受けられ、お母様においては「感激」して「涙」を流される場面もあった。

結納品の意味に「感激」の涙。日本に、結納があって良かった!

あとがき

僕たちのような「オリジナル結納」について、読者がどう考えるかは様々だろう。しかし、ニーズが多様化する現代社会においては、そう珍しくないのかもしれない。そして、僕たち家族にとって、この結納は「結婚するということ」を考えるとても良い機会となった。

特に、僕自身が「結納品の意味を調べる過程」で多くを学んだ気がする。なんとなくだが、「結婚に願う幸せな生活」というのは、今も昔もそう違わないものなのだろう。自分自身で結納品を選び、1つ1つの「結納品の意味」を心に留められた僕は、幸運かもしれない。