伏見稲荷大社・千本鳥居の見所で綺麗な写真を撮影する方法!

伏見稲荷大社・千本鳥居の見所で綺麗な写真を撮影する方法

今、伏見稲荷大社と千本鳥居は京都観光スポットとして空前の大人気。美しい千本鳥居の前で綺麗な記念写真を撮りたいと考えるのは、誰しもが同じはず。そんな時、頭の中に浮かぶイメージはおそらく、プロのカメラマンが撮影したポスター向けの写真。でも実際に撮影をしてみると、、、あれ? 全然、思い通りの写真が撮れない! さて、ここで諦めますか?

千本鳥居で綺麗な写真を撮影したい!

プロのカメラマンじゃなくても、一眼レフデジカメじゃなくても、幻想的かつ綺麗な写真を撮る方法はある。ということで、今回も僕は Zenfone 5 というスマートフォンのカメラを使って撮影してきた。後で分かるが、これは伏見稲荷の散策を身軽に楽しむためでもある。

京都に行くなら、ぜひ訪れたい伏見稲荷大社。そのアクセスは京都駅から JR でたった2駅と凄く便利な立地にあるが、写真を撮影しながらゆっくりと見て回りたい人の場合、現地での所要時間を少なくとも3時間は見積もっておきたい。千本鳥居から先へと続く裏の稲荷山を登り、山間(やまあい)に佇む無数の鳥居を見なければ、訪れた価値が半減してしまう。

八割くらいの人は千本鳥居の入り口を通り抜けたところくらいまでしか行かないようだが、個人的に、伏見稲荷の真の見所は「稲荷山を登る道中」にあると思っている。皆に賛同して貰えるかどうかは分からないが、京都・伏見稲荷で「心に残る綺麗な記念写真」を撮影するためには、ぜひ次の5つのポイントを抑えてみよう。

1. まずは着物レンタルでおめかし

最近、他のブロガーの間でミニマリストや断捨離が流行っているようだが、僕が声をあげて言いたいのは「モノより思い出」ということの大事さ。余計なモノを持たないでシンプルに暮らせるのは素晴らしい が、経験づくりや思い出づくりまで削ぎ落としてしまうと、人生は楽しくない。だから僕たちは旅先で、普段は話せない人たちとの新しい出会い、その土地でしか味わえない特別なことを優先するようにしている。

京都レンタル着物の着付け後、ヘアセット中に自分でメイク

今回、僕たちが出会ったのは、伏見稲荷で2015年10月にオープンしたばかりの着物レンタル Nagomi の山地まゆみ様だ。とても親切な接客で、まだ新しいお店にも関わらず既に人気になっていた。オリアンは、ここぞとばかりに花飾りを使ったヘアセットをオーダー(笑)店内の様子をブログに載せたい旨を伝えると、快く撮影を了承してくださった。

京都着物レンタル Nagomi 女性用帯京都・伏見稲荷で本当に安いおすすめの着物レンタル京都着物レンタル Nagomi 女性用バッグ他小物京都着物レンタル Nagomi 女性用草履

実は、僕が着物をオススメする理由は、写真の写り映えが良くなるからだけではない。

着物で京都の街を散策すると、外国人観光客から写真撮影のお願いを良くされる。僕たちは国際結婚カップルなので余計にその回数が多いのかも知れないが、20分~30分も歩くと何回も声を掛けられ、それをキッカケに色々な国からの観光客の人たちと友達になることもできるのだ。色々な人と話しながら楽しく歩くと、笑顔も増えて一石二鳥!

さて準備が整ったら、カメラ(スマホ)を持っていざ、伏見稲荷大社へ! 着物レンタルのお店の方に頼むと、記念撮影のために途中まで付いてきて下さった。

2. 千本鳥居の入口付近は人多過ぎ!と心得る

まず、伏見稲荷大社正面の参道では、第一鳥居を背景に以下の左のような写真を撮ることができた。先ほど紹介した着物レンタルのお店の方が「番傘」を貸してくださったおかげで、いきなり記念価値のある写真が撮れた。その後も、内拝殿へ参拝している様子など、今まで写真に残したことなど一度もなかったんじゃないか? というような写真が撮れた。

伏見稲荷大社・内拝殿を着物で参拝

ところが、問題はこの後だった。千本鳥居の入り口あたりまで進むと、道が狭くなることもあり、次から次へと人の波が押し寄せてくる。お店の方も何とか記念撮影を試みようとしてくれたが、人が多すぎて写真を撮るタイミングがない! カメラの前に立ってポーズを取ると何人かは立ち止まってくれるが、1秒後には他の誰かがフレームインしてくる。そもそもお店の人がこんなところまで付いてきてくれて、写真を撮ってくれるとは思っていなかった僕たちだが、親切なサービスに甘えて写真を撮って貰うも、これじゃキリがない(笑)

千本鳥居の入り口は人が多過ぎて写真撮影は困難

つまり「千本鳥居の入り口付近」では、綺麗な写真を撮ることなんて不可能!! さっさと諦めるが勝ちである。しつこくカメラを構えていると周りに迷惑であり、時間もロスする。もしカップル同士でこんなことをしてたら、不機嫌で喧嘩にもなり兼ねない。

本当に心に残る綺麗な写真を撮影したければ、この付近など「まぁ凄い人ねー!」と素通りしてしまう方が賢明だ。僕たちは親切に人混みの中まで付いてきて下さった着物レンタルのお店の方に感謝の気持ちを伝えると、いよいよ稲荷山へと入っていった。

3. まだ観光客の少ない平日の早朝なら OK

記念写真ではなく、どうしても自分自身で「ポスターのような写真」を撮りたい! という人は、まだ観光客の少ない平日の早朝に行くのがベストである。初詣の時期や紅葉の時期を避けたローシーズン中の「始発電車が到着する前」なら完璧だろう。

伏見稲荷大社の千本鳥居

Photo by Gaku0318

ただし、光の入り具合や路面の状況なども考えると、ベストショットを撮るための好条件が揃う時間は限られている。僕たちのようなカップルや友人同士の旅行などでは、はじめから奥へ進むことを前提に参拝することをオススメする。特に、着物を借りる場合や、伏見稲荷の雰囲気を存分に楽しみたいという人の場合、本当の見所はこの先にあるからだ。

4. 稲荷山の奥地へと続く鳥居を目指す

さて、千本鳥居の入り口付近では、写真撮影どころか「立ち止まること」さえ困難であったが、下の写真をご覧の通り、約30分~40分の距離を歩くと急激に人が減った。ここでも着物を着ているおかげで、周りの人と談笑をしたり写真を取り合ったりして楽しく過ごす。

稲荷山の参拝・お山巡り、三ツ辻から四ツ辻の参道

ここは、三ツ辻と四ツ辻の中腹にあたる場所。公式サイトの伏見稲荷大社・全域マップ でその位置が確認できる。三ツ辻とか四ツ辻とかどこ? という方はこちらを参考にしよう。この辺りまで来ると、人も少なくて写真が撮りやすい。

ところで右の写真では、遠くにいる人たちを自分自身の体で隠して撮影している。この辺りは階段による段差があるため、麓(ふもと)の方ではあまり使えないテクニックが使えるというわけだ。また、麓付近の千本鳥居と比べると鳥居と鳥居の間隔が広いため、斜め上から差し込む太陽光の効果でより鮮やかな朱色に写るのも面白い。

余談だが、僕たちはここへ来るまでに、一度休憩している。三ツ辻を右に曲がった先の右手にある「三玉亭」さんへ立ち寄り、オリアンはいなり寿司、僕はきつねうどんを注文した。ここはレトロな雰囲気が昔から変わらず、良い雰囲気である。なお、稲荷山にある休憩処は三ツ辻と四ツ辻に集中しており、三ツ辻から四ツ辻は所要時間は約15分である。

稲荷山の三ツ辻にあるお食事処「三玉亭」はレトロな雰囲気三玉亭のいなり寿司ときつねうどん

それから、四ツ辻から稲荷山を巡るルートが二手に分かれている。四ツ辻にある案内板では右回りに進むのが正規ルートとして紹介されているが、実は「逆周り」で参拝する方が登り傾斜が楽である。また、右回りで参拝する人の中には、稲荷山の山頂でもある「一ノ峰」で引き返してしまう人が多い。ところが、今回、僕がオススメする見所はその先にあるのだ!

5. 1番の見所は眼力社付近に並んでいる鳥居

ということで、四ツ辻からはぜひ「逆周り」のルートを取ろう。いずれにしても、稲荷山をぐるりと一周して再び四ツ辻に戻ってくるまでには、小1時間ほど山道を歩くことになる。水分補給のための飲み物などは、あらかじめ四ツ辻までに用意しておくと良い。

四ツ辻から逆周りの場合、5分~10分ほどで僕がオススメの見所「眼力社」へ到着する。以下は、本記事の見出しとしても使っている写真。絶好の撮影ポイントだ。大きさの異なる色鮮やかな鳥居が、山沿いに奥へと伸びる。

千本鳥居をナナメ横から撮影・小川や苔とのコントラストが綺麗

この付近は少し大きめの鳥居が立ち並ぶ場所で、横には小さな川が流れている。この川沿いに群生する苔がまた美しく、山奥の方へ来た時の独特の雰囲気が僕は好きだ。まだ人通りはまばらに見えるが、このように斜め横側から撮影することで、まるで誰もいないかのような写真を簡単に撮影することができる。

以下のように、鳥居の隙間から姿を覗かせて記念撮影をするのもオススメだ。3~4人ほどの友人グループでこれをやると、かなり良い写真が撮れるはずだ。京阪電車のおけいはんのポスターとか、JR の「そうだ京都、行こう。」のポスターとかに採用されても良い構図! 誰か本格的に撮った人がいたら、Facebook とかメールとかで連絡して欲しいなと思う。

伏見稲荷・千本鳥居にて美人外国人女性の着物写真

眼力社付近は伏見稲荷で1番の見所御膳谷奉拝所の狐絵馬(きつね絵馬)

なお、眼力社の神様は目の病にご利益があるだけでなく、ビジネスや投資をする人に嬉しい「先見の明が授かる」という言い伝えがあるそうだ。すぐ近くの御前谷の前には、狐絵馬の掛かった絵馬掛があったのでパシャリ。この付近は見所が多くゆっくり見物したい場所。

おせき大神から長者社そして一ノ峰方面へと登る階段

眼力社と御前谷を通り越すと、一ノ峰へと続く登り階段が始まる。途中には薬力社や長者社といった神様が祀られる場所が続くが、実際には最も人通りが少ないエリアだ。なぜなら、正規ルートでは「一ノ峰」から引き返してしまう人が多く、逆周りでも「御前谷のお塚群」だけを参拝しに来る人がいるから。時間的に余裕のある人は、ぜひ「一ノ峰」を目指そう。参考までに、稲荷山の標高は233mであり、高尾山の標高599mの半分にも満たない。

伏見稲荷・稲荷山「一ノ峰」付近の狐像と鳥居

僕たちも、稲荷山の山頂「一ノ峰」にある末広社を参拝した。ここは末広がりに商売繁盛の御加護を得ると言われ、以前は、ここに掛かっている簾(すだれ)に経営者の方々の名刺がたくさん差し込んであった。今は取り払われて禁止されてしまったのか、それとも簾が交換されたばかりだったのか分からないが、名刺は1枚もなかった。僕たち2人はこの末広社を参拝した後、そのまま逆周りで下山する。このとき、またしても美しい朱の鳥居が出迎えてくれた。太陽光の角度によって鳥居の見え方が様々に変化するのが印象的だった。

伏見稲荷・稲荷山の山頂(一の峰)にある末広大神社稲荷山を参拝する道中・千本鳥居の美しい写真が撮れる

伏見稲荷大社・千本鳥居の見所まとめ

伏見稲荷大社・千本鳥居を観光するなら、見所は入り口付近だけではない。稲荷山の奥地へと進んでいくと、違った境地の雰囲気を楽しむことができる。当然、記念用に美しい写真を撮影したいと願う人にとっては、穴場の見所スポットが満載だ。案内板のある T 字路などに差し掛かる度に「約半分の観光客」が引き返して行くが、その先に進むことで多くのご利益があるもの。伏見稲荷へ行かれる方は、ぜひ今回の記事を参考にして欲しいと思う。