WordPress のバックアップと復元に!おすすめプラグイン UpdraftPlus

WordPress のバックアップと復元におすすめのプラグイン UpdraftPlus

WordPress に限った話ではないが、データのバックアップは「復元(リストア)」ができることによって初めて意味を成す。そして、その方法はなるべく簡単な方がいい。いや、むしろ簡単であるべきだ。例えば、ワンクリックで超簡単に復元できるバックアップ、TV ゲームでいうところの「セーブポイント」のようなものが理想だ。ボス戦を控えているときは事前にセーブをしておき、もし失敗しても「すぐにリセットできる」あの感覚である。

僕は、フリーランスとして日本国内と海外で 100 以上の WordPress サイトに携わってきた。そんな僕の経験上、WordPress の「バックアップと復元」をワンセットで簡単にしてくれる最も優れたプラグインが UpdraftPlus である。海外ではズバ抜けて No.1 のプラグインで、僕もクライアント様のサイトのバックアップには通常このプラグインをおすすめしている。日本国内のサイトでは BackWPUp が利用されているケースが多いが、古い情報を参考に「流れ作業」で導入されてしまっているようだ。今回はそこにメスを入れたい。

はじめに:簡単に復元できることの大事さ

WordPress サイト運営者にとって、バックアップデータから「実際にサイトを復元できるかどうか」を確認しておくことは至極当然のこと。いざという場面で復元の方法が分からないようでは、サイトの復旧やエラー解決までに余計な時間を要する。また、自力では復元することができず、外部に委託するしか手段がない人まで現れる。バックアップがあるだけで「備えあるから憂いなし」と考えてしまうと、痛い目に合うのだ。

バックアップデータがあったとしても、サイトの復元ができなければ、結局は「時間・お金・信頼」の3つを失うことになる。また、セキュリティの面から考えても、全データを引き渡すことになる復元作業を「外部」に委託するのは最悪のシナリオと言える。バックアップデータ内には、データベース接続用のパスワードやユーザー情報が含まれていることを覚えておこう。

バックアップは「真の目的」ではない

前述した BackWPUp では、サイトを元の状態に戻す機能が提供されていない。プラグインの目的が「バックアップデータを取ること」になっており、本来ならば最優先して確認すべき「サイトの復元方法」が完全に切り離されているのだ。(その結果、このプラグイン利用者の多くが、バックアップデータを取るところまでで満足してしまう。復元方法まで紹介しているサイトも多いが、そこまで時間を掛けてテストする人は完全に少数派だ。)

本来、バックアップデータを取ること自体は「真の目的」ではない。真の目的は、万が一のときにサイトへの変更を取り消し「元の状態に戻す」こと。サイトを元の状態に戻したいと思ったその瞬間に、サイトを「一発で復元できる」ことが重要なのである。これができない WordPress サイト運営者、また、バックアップデータからの復元方法について不安や不満を持っている人は、ぜひ UpdraftPlus を試してみて欲しい。

UpdraftPlus なら復元方法をズバッと解決

これでもあなたは BackWPUp を使い続けるか?

UpdraftPlus プラグインの開発者は、バックアップデータからサイトを「一発で復元」できる重要性を正しく理解している。バックアップと復元の機能がワンセットで設計されており、管理画面の操作はとてもシンプル。まさに、サイトを「セーブ」したり「リセット」したりできる感覚で、WordPress でのバックアップの取り扱いに「革命」をもたらしてくれる。

以下では、UpdraftPlus のプラグインがどのように優れているかを解説していこう(使い方はとても簡単なため、使い方の説明より「どのように優れているか」の解説に重点を置く)。

1.玄人好みのツールが不要

UpdraftPlus ならツールなしでバックアップを復元可能

UpdraftPlus で作成されたバックアップデータは、WordPress の管理画面から選択するだけで復元できる。つまり、WordPress 本体と UpdraftPlus プラグインさえあれば、初心者に習得してもらうのが面倒だった玄人好みのツール(プラグインやソフトウェア※)は必要ない。これは WordPress を始める人にとっては決定的なメリットとなる。また、WordPress を長く使っている人や複数サイトの管理者にも、万が一の場面で作業がシンプルなのは有り難い。

※ データベースに接続して SQL を実行するためには phpMyAdmin、ファイルをアップロードして解凍するためには FTP 接続用ソフト FileZilla 、投稿記事のインポートには WordPress Importer プラグインなど、従来の復元方法では、これら複数のツールを駆使する必要があった。

2.インストール完了から復元テストまで5分

UpdraftPlus を今すぐインストール

UpdraftPlus は、プラグインをインストールした直後からバックアップデータ作成ができる。特に設定を変える必要はなく、数回のクリック操作で「バックアップ」から「復元」までの一連の作業を一気にテストできてしまう。だから、初心者でも安心できる。

まず、バックアップデータを作成するには、

  •  「現在の状態」タブを選択
  • 「今すぐバックアップ」ボタンをクリック

と進むだけだ。

UpdraftPlus プラグインでのバックアップ画面

1回目のバックアップ作業が完了したら、

  • 新しい投稿の「ドラフト保存」
  • 不要なプラグインやテーマの「削除」

などサイトに影響のない適当な作業を行おう。その後 UpdraftPlus のメニュー画面に戻り、「バックアップ済み」タブの「アクション」から「復元」ボタンをクリックしてみよう。

UpdraftPlus プラグインでのバックアップからの復元画面

すると、以下のような画面が表示される(アップロードファイルとはメディアライブラリのデータのことで、バックアップ後に追加/変更した画像が少ない場合にはチェックを外して復元する方法がおすすめ。こうすることで、復元の処理スピードが速くなる)。管理画面の簡単なクリック操作だけで、サイトを「戻したいポイント」に復元できるのが特徴だ。

UpdraftPlus では復元するバックアップデータの構成を選択できる

この「バックアップから復元方法までを一気にテストできることの意味」は非常に大きい。WordPress 本体のアップデート、情報の少ないプラグインのインストールなども、変更前の状態へ簡単に戻せる安心感のおかげで、気軽に試せるようになるからだ。

3.Dropbox への自動バックアップも簡単

バックアップの保存先に Dropbox を選択

WordPress 人気 No.1 のバックアップ・プラグインということもあり、こういった使い勝手も素晴らしい。バックアップデータを Dropbox 等の「クラウド型ストレージ」に保存するための設定も非常に簡単だ。UpdraftPlus から「設定」タブを選択後、上図のようにクリック操作だけでデータの保存先を Dropbox に変更できる。なお、バックアップデータはサイトと同じレンタルサーバー上には保存せず、必ず外部に保存するようにしておこう。無料かつ簡単に使える Dropbox は、その中でも1番おすすめである。

Dropbox のアカウントを持っていない人は、こちらのリンク から登録することで、通常より 500 MB 多い 2500 MB の容量が無料で使える。

「設定」画面で保存先を変更後は、画面1番下にある「変更を保存」ボタンをクリックし、その後、「ドロップボックスで認証」のリンクを忘れずにクリックしよう。以下2つの画像を参考にすると、より簡単に設定できるだろう。

設定を保存後 Dropbox の認証用リンクをクリック 認証完了後は Dropbox にバックアップデータが保存される

UpdraftPlus をおすすめする最後の理由

WordPress サイトのバックアップと復元におすすめの人気プラグイン UpdraftPlus。最後に、日本国内で導入が多い BackWPUp と比較し、おすすめの理由を1つ付け加えよう。まずは、以下にある 2016 年 8 月末時点での「数字」をそれぞれ比較してみて欲しい。画像の中にある「Quality」と「Rating」という2つの数字にも注目しよう。

BackWPUp Free – WordPress Backup Plugin
有効化済みインストール
500,000+
レビュー数
325 人
5段階評価
★★★★☆(4.0)
WordPress バックアッププラグイン比較 BackWPUp
UpdraftPlus Backup and Restoration
有効化済みインストール
800,000+
レビュー数
2,254 人
5段階評価
★★★★★(4.9)
WordPress バックアッププラグイン比較 BackWPUp

BackWPUp と UpdraftPlus の評判をリアルタイムで比較できるページがある ので、最新の情報を確認してみたい人は、ぜひチェックしてみると良い。UpdraftPlus プラグインの方は、人気の急上昇と共にソフトウェアとサービスの品質を上げてきており、それとは対照的に、BackWPUp プラグインでは評価が下がってきているのが分かる。

また、UpdraftPlus の公式サイトでは UpdraftPlus が WordPress バックアッププラグインで No.1 であると宣言しており、WordPress バックアップ全主要プラグイン比較データ まで公開している。この記事は、決して UpdraftPlus の良いところだけを紹介しているわけではない。上記以外の機能面でも UpdraftPlus は他のプラグインより優れているのだ。

次に、BackWPUp と UpdraftPlus の検索数を Google トレンドで見てみよう。後発である UpdraftPlus が BackWPUp を上回ってきている様子が良く分かるはずだ。

ちなみに、BackWPUp プラグインのことを良く検索しているのは、明らかに日本人。使い方がイマイチ良く分かりにくいから、良く調べられているんでしょう。深く追いませんが。

あとがき

僕は、WordPress のバックアップ用プラグインとして、これから先は日本でも UpdraftPlus が人気を奪っていくと考えている。その理由として真っ先に挙げられるのが、何といってもバックアップデータからの「復元」のしやすさである。これまで、WordPress 初心者向けの書籍やインターネット上で解説されてきた「バックアップデータからの復元作業」は、次第に過去のものとなるだろう。UpdraftPlus プラグインが動作する環境なら必要ないからだ。

まだ UpdraftPlus を使ったことがない人、そもそも WordPress のバックアップデータ取ってなかった人は、この機会にぜひ! プラグインの使い方自体は詳しく解説しなかったので、Google Drive に自動保存する設定方法が丁寧に書かれている こちらの記事 や、僕と同じく UpdraftPlus をおすすめする ウェブシュフ さんの記事が参考としておすすめ。BackWPUp のことを調べるのはハッキリ言って時間の無駄だから、やめましょう。