アクセス解析で都道府県コードを判別し広告の表示/非表示を切り替える方法

都道府県のアクセス解析をして広告表示エリアを絞り込む方法

あなたも「ブログに載せてるこのアフィリエイト広告、東京からのアクセスのときだけ表示できたら良いのに」なんて考えたことはないだろうか? あるいは、指定した都道府県のみ判別し、条件に沿って「表示/非表示」の切り替えをしたい場合もあるかもしれない。

アクセス解析で「サイト訪問者の都道府県」を割り出すには「そのサイト訪問者が利用している端末のIPアドレス」が必要となる。このように言うとなんだか難しそうに聞こえるが、WordPress のサイトならプラグインを使って簡単に実現できる。

続きを読む

スピードアップデート対策でサイトの運営者が対応したい3つのこと

Google スピードアップデート対策3つ+2つの実行可能アクション

スピードアップデートとは「Google が 2018年7月より検索アルゴリズムをアップデートし、モバイルページの読み込み速度を “検索順位の決定要素” として使用し始める」ことを指す。仕事でサイトの運営に携わる方であれば、おそらく既にご存知のとおりだ。

今後対応の不十分なサイトでは検索順位が下がるとされており、対策ができているサイトは検索順位が繰り上げられる可能性もある。もし競合のモバイルサイトがスピード対策できていないようなら、それは「検索順位入れ替わりのチャンス」と捉えても良いだろう。

そこで今回、スピードアップデート対策として対応したい3つの内容をまとめた。この機にサイト全体の SEO を実践されたい皆さんには、ぜひ参考にしていただければと思う。

続きを読む

WordPress 子テーマは CSS 変更でデザイン修正するだけなら作成不要

WordPress の子テーマは CSS でデザイン修正をするだけなら作成不要

WordPress でホームページやブログを作成するとき、サイトにオリジナリティーを出すためインターネットや書籍で初心者向けに書かれた「子テーマの作り方」を参考にしてきた方は多いだろう。子テーマを作らないと、テーマのアップデート時に style.css や functions.php、テンプレートファイルへのカスタマイズが上書きされてしまうことがその理由だった。

しかし今、WordPress には「高機能・高パフォーマンス」の無料テーマやプラグインが多くなってきており、WordPress の本体には「追加 CSS」の機能も標準で実装されている。もし子テーマを作る目的が「見出し」「ボタン」「枠線」などのデザインに CSS を反映させたいレベルなら、既に【子テーマの作成は不要】と考えた方が賢明である。最近では子テーマを作らなくても高度なテーマカスタマイズが安全にできるようになっているからだ。

そこで今回は、WordPress 子テーマを作らずにテーマカスタマイズする2つのメリットと、実際に子テーマを作らずにできる4つのテーマカスタマイズの方法をご紹介しよう。

続きを読む

Contact Form 7 でメールを送信できない原因と2つの解決方法

Contact Form 7 でメールを送信できない?

Contact Form 7 でメールを送信できない(急にできなくなった)という相談を、国内海外のお客様から連続して受けた。「WordPress サイトで Contact Form 7 の問い合わせフォームを設置しているのですが、メールを送れない原因が分かりません。」という。

今回は、Contact Form 7 のメール送信ができなくて困っている人のために、実はひっそりと増えていたメール送信エラーの「原因」および「その解決方法」についてまとめてみた。

続きを読む

【画像編】サイト表示速度を高速化するために確認したい10項目

WordPress サイト高速化 GTmetrix Grade ダブル AA スコア

あなたは、ブログやウェブサイトの画像表示に時間が掛かりすぎて、ページの読み込み速度が遅いことで悩んでいないだろうか? 画像の表示は、以下の「10項目」でバシッと軽くすることができる。表示を遅くしている画像は修正して、サイトの高速化を実現しよう。

なお、サイトの表示速度を計測するためには GTmetrix を使用すると良いだろう。現在、こちらのブログでは Page load time が 1.11 秒、Total page size が 395 KB、Total number of requests が 18 という結果が出ている。ここまでする必要があるかどうかはさておき、画像の読み込み速度はサイトの表示速度に最も影響するので、具体的な施策をご紹介しよう。

追記:2017年2月8日、GTmetrix のデフォルト表示が「ページロードに掛かる時間」から「全ページ要素の読み込みに掛かる時間」に変更された。ユーザーのウェブ体験における快適度をスコア化するには、どちらも大事という判断がされたようだ。なお、従来通り「ページロードに掛かる時間」のみ測定したい場合は、オプション設定を変更すれば可能だ。上記に掲載している計測結果は当ブログの「ページロードに掛かる時間」として参考にして欲しい。

続きを読む

WordPress SEO 基本カスタマイズの7ステップ

WordPress SEO 基本カスタマイズの7ステップ

WordPress SEO は「習うより慣れろ」で学習スピードを加速できる。今回は「WordPress SEO 基本カスタマイズの7ステップ」を画像解説するので、実際に自分で試して欲しい。

なお、このブログ記事では、読者の使用する WordPress テーマを制限したりはしない。基本カスタマイズを理解すれば、気に入ったデザインの WordPress テーマを「読者自身」で SEO に強いテンプレートへと生まれ変えさせることができるからだ。

続きを読む