ハワイで超格安レンタカーを借りられる驚きのサービス TURO が凄い!

今回はハワイで超格安のレンタカーを借りられる驚きのサービスを見つけたので、早速だが紹介しよう。ハワイは世界的に有名なリゾートだが、もしこのサービスを使えば1日あたり1000円台という超格安の料金でレンタカーを借りることも可能である。

そのサービスの名前は「TURO」というもので、まだ日本ではよく知られていない。そこで今回は、アメリカで快進撃を続ける大注目のサービス「TURO」について、なぜ凄いのか、そして「安さの秘密」にも迫っていく。レンタカー業界の構図は大きく変わるだろう。

続きを読む

海外ノマド×フリーランスで自由に仕事をする生き方の極意3つ

海外ノマド×フリーランス

日本で「ノマド」や「ノマドワーカー」というと、スタバなどのカフェで仕事をしている人たちを意味することが多い。だが、海外で Digital Nomad(デジタルノーマッド)と呼ばれる生き方をしている僕からすると、日本のそれは「ノマド」とは呼ばない。

2016年、僕はたったの1度も日本へ帰国することなく、まさに遊牧民のように世界中を転々としながらフリーランスとしても仕事をしてきた。働く場所にしばられるのではなく、人生を自由に楽しむ生き方を実現しつつ、同時にインターネット上で仕事までこなすのだ。

2017年、僕はこの Digital Nomad(デジタルノーマッド)としての生き方を続けていく。そこで今回は、日本人が「海外ノマド×フリーランス」として自由に生きていくための極意を3つにまとめてみた。日本の多くの若者にとって、1つの生き方の参考になれば幸いだ。

続きを読む

ゴープロ(GoPro)カメラで撮影をした世界のリゾート水中写真まとめ

ゴープロ(GoPro)カメラで撮影した世界のリゾート水中写真まとめ

今回のエントリーでは、これまでに僕がゴープロ(GoPro)カメラで撮影してきた水中写真の数々を紹介する。ゴープロ(GoPro)とは、2002年に創られた米国カリフォルニアの企業が販売する アクション・カメラ(ウェアラブル・カメラ)シリーズ の愛称だ。世界中で大流行をした後、2014年の上場のタイミングでは企業名にもなっている。スローガンは「Be a HERO.」(日本語なら「ヒーローになろう」)で、日本でも人気急上昇中だ。

ゴープロ(GoPro)カメラの使い道は、人それぞれ。だが、僕は「水中写真」を撮ることが何より好きだ。いいや、きっと僕だけじゃない。特に夏休みの旅行中は、シュノーケリング、スキューバダイビングなど、海の中までカメラを持っていき、美しい珊瑚礁や熱帯魚たちと写真を撮りたい場面がたくさんある。水中で綺麗な写真が撮れると、旅の楽しさも倍増! 素敵なフォトアルバムを作ったり、SNS やブログで友達にシェアしたり、満足度も上がる。

ということで、あなたにもゴープロ(GoPro)カメラを手にすることの感動を伝えたい! 例えると「551 のアイスキャンデー」のようで、このカメラが「あるとき」と「ないとき」では、遊びの楽しさがまるで違うからだ。以下は、僕が世界各地で撮影してきた海の中の写真を紹介している。何かしらの参考になれば幸いである。それでは、スタート!

続きを読む

子供の頃、田舎の「おばあちゃんち」へ遊びに行く友達が羨ましかった

田舎の田園道を走るローカル電車

今回は、子供の頃、田舎の「おばあちゃんち」へ遊びに行く友達が羨ましくかったという話と、そのことが僕自身の人格形成、それから現在の国際結婚に及ぼした影響について書いてみようと思う。8月、夏休み真っ只中のシーズンに入り、こういう話題は「読み物」としても面白いはずだし、生活拠点を色々な場所に持って暮らす「今後の自分自身」のためにも、ぜひ書き残しておきたい内容だからだ。

以下、昔の思い出から現在へと展開した話になるが、今でも子供たちにとっては「夏休みのあるある話」かもしれない。そうとなると、大人だってなおざりにはできない話だ。

続きを読む

ニュージーランド長期滞在:3ヶ月の滞在費用をゼロにした方法!

ニュージーランドでは羊の数が人の数を上回る

ニュージーランドに長期滞在をする理由は、ニュージーランドが持つ魅力の数だけ存在するだろう。ロングステイで雄大な自然を満喫しつつ憧れのスローライフを体験するのもよし、長期間ネイティブに囲まれながら英語の集中レッスンを受けるもよし。ニュージーランドが日本と真逆の南半球に位置することから、日本で花粉症やインフルエンザが流行る冬の間、ニュージーランドで2回目の夏を楽しむというのも魅力的だ。

しかしながら、海外に長期滞在するための手段というのはワーホリのビザを取得するという以外、方法がなかなか見つからないのが事実である。また当然ではあるが、ワーホリ・ビザには年齢制限があるうえ、何度も繰り返し取得することはできない。ということは、若い頃ワーホリ・ビザを取得するチャンスを逃した30歳過ぎの世代や、もう一度また海外へ行き長期滞在したいという人々にとって、もう二度とチャンスは訪れないのだろうか?

今回のブログでは、僕たち夫婦がニュージーランドに約3ヶ月の長期滞在をした体験をもとに、あまり知られていない「滞在費用ゼロ」でロングステイする方法をお届けする。格安で海外旅行をする方法を探している人にとっては、要チェックの内容だ。長期休暇の多い学生はもちろん、就職前のギャップイヤーを有効活用したい人、早期リタイアをして夫婦で海外生活をしたい人など、多くの日本人にとって有益な情報である。早速、みてみよう。

続きを読む

クック諸島に初上陸!Airbnbツアーで南国旅行3週間を満喫中

クック諸島ラロトンガ島の海岸線

いま、僕たちは「クック諸島」のラロトンガ島に来ている。クック諸島と言えば、かの有名なエンデバー号で南太平洋を航海したイギリスの海洋探検家、キャプテン・クックだろう。クック諸島の名前は、当然、彼によって発見されたことから由来しており、そこへ上陸したことを考えただけでワクワクする。僕たちの滞在期間は25日間。もちろん、南国リゾートとしての期待感もとても大きい。これからどんなことが起こるのだろう?

2年半を過ごしたバリ島から離れ、今回の旅は、新しい何かを求めた旅になる。期待通り、このクック諸島への旅は、久しぶりに「ブログを更新しよう」という僕のモチベーションも極限まで高めてくれた。僕たちは今後、モルディブ、フランス、南アフリカと世界中を旅行する予定なので、極限のモチベーションはしばらくは続くだろう。まずは、クック諸島へと初上陸した前後の「数日間」で集めた情報をまとめてみた。

続きを読む