ガラパゴス化の意味を知る旅|ガラパゴス諸島〈1番の魅力〉動物たちと

ベンチの上に寝そべるガラパゴスアシカ

皆、ガラパゴス化の意味って納得してる? ガラパゴス諸島に行ったことなくても?

ニュースや雑誌の記事で「ガラパゴス化」という言葉が出てくる場合、悪い意味で使われていることがほとんどだ。僕は、ずっとその風潮に納得ができていなかった。そして、今回のガラパゴス旅行も、ガラパゴス諸島〈 1 番の魅力〉の動物たちに会うことが目的だった。

ガラパゴス諸島には「他では見られない野生動物たちを一目見よう」と世界中から観光客が訪れる。だからこそ皆には、僕が撮ってきた動物たちの画像をたくさん紹介したい。さらに日本で使われている「ガラパゴス化」という言葉の意味に疑問を持って欲しい。

この記事の読者に、少しでも「ガラパゴスの良さ」が伝われば嬉しい。

続きを読む

子供の頃、田舎の「おばあちゃんち」へ遊びに行く友達が羨ましかった

田舎の田園道を走るローカル電車

子供の頃、田舎のおばあちゃんちへ遊びに行く友達が羨ましかった人はいないだろうか? 自分はそうだった。もう少し正確に言えば、遠くにある田舎のおばあちゃんちだ。普段とは違う場所へ行ける友達と、おばあちゃんの家がすぐ近くにある自分。知らない場所に行ける友達のことが羨ましくて仕方なかった。だから、大人になったら田舎が欲しいと思った。

考えてみれば「隣の芝生は青く見える」というだけのこと。だけど、子供の頃のこういった感情って意外にも強く残っている。そのことが影響し、大人になってからは自分から行動を起こして「よく遠くへ行く人」になった気がする。同じ境遇の人、きっといるよね。これはあるある話として面白い。子供の頃に「田舎のおばあちゃんち」があったかなかったかで、大人になってからの性格や行動にどれほど影響があるのか? 今回はそんなお話。

今の子供たちにも同じことが言えるなら、親にとっても無視できない話である。

続きを読む

ニュージーランド長期滞在:3ヶ月の滞在費用をゼロにした方法!

ニュージーランドでは羊の数が人の数を上回る

ニュージーランドに長期滞在をする理由は、ニュージーランドが持つ魅力の数だけ存在するだろう。ロングステイで雄大な自然を満喫しつつ憧れのスローライフを体験するのもよし、長期間ネイティブに囲まれながら英語の集中レッスンを受けるもよし。ニュージーランドが日本と真逆の南半球に位置することから、日本で花粉症やインフルエンザが流行る冬の間、ニュージーランドで2回目の夏を楽しむというのも魅力的だ。

しかしながら、海外に長期滞在するための手段というのはワーホリのビザを取得するという以外、方法がなかなか見つからないのが事実である。また当然ではあるが、ワーホリ・ビザには年齢制限があるうえ、何度も繰り返し取得することはできない。ということは、若い頃ワーホリ・ビザを取得するチャンスを逃した30歳過ぎの世代や、もう一度また海外へ行き長期滞在したいという人々にとって、もう二度とチャンスは訪れないのだろうか?

今回のブログでは、僕たち夫婦がニュージーランドに約3ヶ月の長期滞在をした体験をもとに、あまり知られていない「滞在費用ゼロ」でロングステイする方法をお届けする。格安で海外旅行をする方法を探している人にとっては、要チェックの内容だ。長期休暇の多い学生はもちろん、就職前のギャップイヤーを有効活用したい人、早期リタイアをして夫婦で海外生活をしたい人など、多くの日本人にとって有益な情報である。早速、みてみよう。

続きを読む

ワークライフバランスではなく、人生とは何かを考えよ

ワークライフバランスではなく、人生とは何かを考えよ

フランスではワークライフバランスという言葉がほとんど使われない。なぜなのか? 年間の有給休暇が「最低で5週間」と法律で保証されており、有休の取得日数も世界一の30日と知られるフランスでは、企業側が「従業員のワークライフバランス実現に向けて」などとわざわざ取り組みをするメリットは少ないのだろう。

世界中の国々のワークライフバランス(work-life balance)を Google トレンドで調べると、英語圏のアメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、シンガポールを中心に、インド、ドイツ、スイス、香港、マレーシア、フィリピンなど、世界中で広く使われている。そしてご存知の通り、日本では「カタカナ」で広く普及してしまった。そう、今回はそんな日本のワークライフバランスについての話。男性にも女性にも、ぜひ最後まで読んでみて欲しい。

続きを読む

エアビーアンドビー (Airbnb) クーポンで南国のコタキナバルへ

エアビーアンドビー (Airbnb) で宿泊したコタキナバルのプール付きコンドミニアム

今回は、久しぶりにエアビーアンドビー (Airbnb) の話。手に入れたクーポンを使い、バリ島からチョットお隣りのコタキナバルまで海外旅行をしてきた。フランスで購入した結婚指輪のことについて書いた、前回の記事 で最後に予告したとおり、現地に住むカップルとの素敵な出会いなどもあり、早速レポート! エアビーアンドビーを使って海外旅行を考えている人にとって、何かの参考になれば幸いである。

続きを読む

日本の中等教育(中・高校)6年間の学校生活における問題点

日本の中等教育(中・高校)6年間の学校生活における問題点

先日、1番上の甥っ子が高校を卒業し、何かと「問題点」の多い、日本の中等教育6年間に別れを告げた。僕は海外で生活をするようになってから、甥や姪の受ける日本の教育に関心を持つようになり、今回は、海外からみた日本の中・高校6年間の問題点について話す。

日本の教育制度における問題というと、小中学生によるいじめ、英語教育のレベルの低さ、遊びすぎる大学生といった話題が良く騒がれているが、今、個人的に自分自身の受けてきた教育を振り返ってみると、極めて異常だったのは、中・高校の6年間だったと言える。僕が高校を卒業してからは13年が経っているが、おそらく内情は変化していないだろう。

この記事は、多少議論を呼ぶ内容も含まれてはいるが、教育関係者や中・高校生のお子様を持つ親御さんだけではなく、中・高校生自身にもぜひ読んで欲しい内容だ。

続きを読む