日本人が海外で暮らすために必要なものは2つ

日本人が海外で暮らすために必要なものは2つ

日本人には「いつか海外で暮らすことが夢」なんて良いながら、一生涯を日本で暮らす人が多い。もちろんチャンスを掴み、僕のように夢のような海外生活を手に入れている人もいるが、その割合は100人に1人くらいの確率であり、まだまだ珍しいということが分かる。

では、海外で暮らしているのは「どういう日本人」なのか? 成功している人? それともちょっと頭のおかしい人?(笑) 僕は、昔の友人に「海外で暮らしている」と伝えただけで「お前は凄いなー、俺には到底ムリや!」と言われ、それならと記事を書くことにした。

そもそも海外で暮らす日本人が「極めて稀」である理由

これは、様々なことが考えられる。まず第一に、海外では日本語が通じない。次に、日本は国民に「多重国籍」を許さない国のため、海外永住がしづらい。ちなみに、これは外国人が日本に永住したい場合も同じだったりする(日本に外国人が少ない理由の1つ)。

また、海外で暮らすために必要な「お金」にまつわる話として、日本人についての、こんな面白い記事を見つけた。まだ東京で消耗してるの? という、僕と同じく尖ったタイトルのブログを運営されている、イケダハヤトさんの記事だ。

参考:「日本人は貯金好き」は昔話。すでに日本人の貯蓄率はアメリカ以下

海外で暮らすという夢

いつか夢を叶えるなんて言っているうちに、家庭を持ち、ローンを抱え、貯金に回すお金がないままに子どもができる。こうなると、もう雁字搦めだ。仕事を変え、今ある家や家具をどうにかし、子どもを引き連れ、環境を大胆に変える覚悟がないと、海外へは行けない。

さらに、これは日本から一歩外へ出ると気付くことだが、日本人は海外で暮らすことによる「環境変化」に慣れていない。日本は先進国の中でもサービスに恵まれた国であり、日常で当たり前だと思っていることが海外で通用しないと、しばしば拒否反応を起こすのだ。

日本人が海外で暮らすために乗り越えるべき5つの壁

上記理由をまとめると、日本人が海外で暮らすまでには、5つの壁が存在することになる。

  1. コミュニケーション「言語」の壁
    何とかなるようで、何ともならない。最低限の会話は、どうにかするしかない。
  2. 移住のさらに先にある「永住」への壁
    残念ながら二重国籍は不可。あとはビザだが、定期的な更新や手続きが必要。
  3. 貯金がない一方で全財産が日本国内にあるという「物理的」な壁
    日本で長く暮らすほど、壁は高くなっていく。どこかで思い切るしかない。
  4. 手に入れたものを失うことや環境変化に対する「精神的」な壁
    ある程度の物ごとがリセットされることは承知する。代わりに何を手に入れるか。
  5. 違いを受け容れて成功するまでの「文化理解と共存」への壁
    日本に慣れすぎると、些細なことが壁に見える。しかし、違うことは当然のこと。

こうしてまとめると、友人に「お前は凄いなー、俺には到底ムリや!」と言われた理由が、何となく分かった気がする。おそらく、3番目と4番目の壁のことを言っていたのだろう。

では、実際に海外で暮らす人たちは、どのようにこの壁を突破したのだろうか。これまでに僕が知り合った海外で暮らす方々の「共通点」を考えていたところ、突然、「海外で暮らすために必要なものは、たった2つしかない」と気が付いた。共有しよう。

必要なもの1、壁など気にせずとにかく行動を起こす力

日本人が海外で暮らすには、乗り越えるべき『5つの壁』があると説明をした。ところが、これを1つ1つ乗り越えるために必要なものは、たった2つに集約されるのだ。

そして、その必要なことの1つ目が『行動力』である。なぜか?

行動を起こす者にとって壁は「壁」ではない

『行動力』とは、すなわち「目の前にある問題はとりあえず置いておき、一歩目を踏み出すことのできる力」だ。実際に、行動力のある人たちの共通点を思い返してみたのだが、何もそんなに難しい話ではない(そして海外では、こういう「素早さ」がとても重要)。

例えば、なにか目新しいことの話をしているときに、「でもそれって…なんじゃないの?」だとか「○○の方はどうなるの?」という会話をしてしまう人は、次から「面白そうだね、自分もやってみようかな。どういう風にするの?」に変えてみよう。

もし興味があるのなら、やってみなきゃ分からないし、どうせ「もっと早くにやっておけば良かった」となるのが大抵のオチだ。それに、どのように壁を乗り越えるかは、先に決めることではなく、色々調べてやっているうちに「気が付けば」超えていたりする。本当だ。
海外で暮らす壁!?

必要なもの2、過去や現在より未来を見る力

日本人が海外で暮らすには、もう1つ必要なものがある。それは、何を隠そう『未来を見る力』である。向かう先の将来に希望と確信を持とう。これも、そんなに難しい話ではない。

海外で暮らしている日本人が決定的に違うことは、まず「自分の将来は劇的に変えられる」ということを知っている点だ。つまり「どうせ何をしたって変わらないから」などと言っている人はいない。自分で行動を起こせば、変えられることを体験しているからだ。

未来の自分への広がる選択肢

また海外で暮らすようになると、新しい情報が「海外と国内の両方」から入るようになり、日本のことだけでなく、世界規模で物ごとを考えるようになる。そして、またさらに未来のことを考えながら、チャンスがあれば次の行動を起こす。いい意味で、とても貪欲になる。

ふと、スティーブ・ジョブズの名言 “Stay Hungry, Stay Foolish” が頭をよぎった。それは、「現状に留まること」を良しとしないことである。人の脳は「自分は、今のままで良い」と思った瞬間からどんどん老いていくものだ。情報をかき集めて、考えてみよう。

もし未来を世界規模で見渡すと、どんな選択肢が取れるだろう? 自分が海外で暮らすことにより、何かの可能性を感じているのであれば、先ほどの壁も低く見えてくるはずだ。

貯金がない一方で全財産が日本国内にあるという「物理的」な壁
日本で長く暮らすほど、壁は高くなっていく。どこかで思い切るしかない。
手に入れたものを失うことや環境変化に対する「精神的」な壁
ある程度の物ごとがリセットされることは承知する。代わりに何を手に入れるか。

例えば、この「日本人が海外で暮らすために乗り越えるべき5つの壁」の3番目と4番目。実は、物価の上がらない「デフレ状況化」の日本では、優れた商品やサービスは安くなっていくが、給料や不動産の価値はなかなか上がりそうにない。

色々考えはじめると、海外で暮らしてときどき日本に帰る生活、悪くないでしょ?(笑)
海外では素早い行動力が大事

あとがき

この記事をどう判断し、どう行動するかは人それぞれだ。しかし、過去や現状のモノばかり気にしていると、精神的に年老いていく。常に若々しく、そして未来を切り拓くためには、たった2つ『行動力』と『未来を世界規模で見る力』を手に入れてみてはどうだろう?

もちろん、海外で暮らすということは人生の中では「一大決心」となるので、僕はあなたの人生に責任を負うことはできない。しかし、何も考えない間に、こういった決心ができなくなる人が多いのも事実だ。このブログ読者の皆さんが、後悔のない人生を送れますように。