日本の中等教育(中・高校)6年間の学校生活における問題点

日本の中等教育(中・高校)6年間の学校生活における問題点

先日、1番上の甥っ子が高校を卒業し、何かと「問題点」の多い、日本の中等教育6年間に別れを告げた。僕は海外で生活をするようになってから、甥や姪の受ける日本の教育に関心を持つようになり、今回は、海外からみた日本の中・高校6年間の問題点について話す。

日本の教育制度における問題というと、小中学生によるいじめ、英語教育のレベルの低さ、遊びすぎる大学生といった話題が良く騒がれているが、今、個人的に自分自身の受けてきた教育を振り返ってみると、極めて異常だったのは、中・高校の6年間だったと言える。僕が高校を卒業してからは13年が経っているが、おそらく内情は変化していないだろう。

この記事は、多少議論を呼ぶ内容も含まれてはいるが、教育関係者や中・高校生のお子様を持つ親御さんだけではなく、中・高校生自身にもぜひ読んで欲しい内容だ。

日本の中等教育では「規律」が異常に重視される

日本の中等教育では「規律」が異常に重視される

大人になると、久しぶりに会う甥や姪がどのように成長しているかを見るのは、帰省をするときの楽しみの1つだ。しかし彼ら彼女らの成長は、中等教育の6年間に入ると思わぬ形で表れる。例えば、話の内容が勉強や部活の成績に限られたり、敬語を話し始めたりする。

僕自身も、学校では勉強と部活動で良い成績を取ることが大事だと信じていたし、友人には大きなライバル心を持っていた。幼い頃から遊んでいた人とも、敬語で話すことになった。日本の中等教育は「規律」を教える場所ということなのか。しかし、少し行き過ぎている。中・高校生は、周りの友達や先輩後輩との成績を比較をすることに過敏になり過ぎており、グループの中での競争社会で精一杯の状態だ。そして、学校の外の世界が見えなくなる。

もはや、最近どんなことをして遊んでいるか、お小遣いで買いたいモノは何か、といった話を振られても、中・高校生の反応はとても薄い。興味の中心は、完全に中・高校という封鎖された世界の中へと移ってしまっているのだ。まるで、学校生活がすべてかのように…

なぜ、多くの中・高校生は、学校生活がすべてかのような錯覚を起こすのだろう?

これでは、学校生活において、気持ちの行き場がなくなる生徒がいても無理はない。いじめや自殺、また日本の教育制度自体について悪影響を及ぼしているのも、こういった環境から起因するものなのではないだろうか。

大学生からみた中・高校6年間の学校生活とは?

大学生からみた中・高校6年間の学校生活とは?

僕は「自分の名前を公表して堂々とインターネットを楽しむ若者」がもっと増えて欲しいという思いもあり、自分の甥っ子と同じくらいの若い世代の発信するブログも、興味を持って読んでいる。その理由は、拝啓 ブログを始める人へ のエントリーに書いている。

最近では、高校を卒業したばかりの若者や、中・高校6年間の学校生活を振り返る大学生のブログを読んだ。彼らはいずれも匿名でブログを書いているが、誰かにその思いを伝えたい気持ちというのは確実に表われている。次の文章は、それらの抜粋である。

大学生になった今だからこそ言えるけど、今思えば中高の学校生活の息苦しさって異常だったと思う。ほんとよく6年間も通ってたな、自分。

友達を作って、授業を頑張って、それで満足したら駄目だ。そんな高校の延長みたいなことをしては駄目だ。断言できる。これが終わったら社会人になるということを意識した方が良い。

彼らは、中・高校6年間の牢獄のような学校生活の被害者だ。幸いにも、彼らは大学という全く異なる環境へ進んだことで「友達を作り、授業や部活を頑張ることがすべてではない」という気付きを得ているが、これは、日本では中等教育にこそ問題があるというサインだ。

つまり大学生が指摘する中・高校の問題点とは、学校生活という枠を飛び越えて自由になるための機会が少ないということだ。また、唯一、自由に考え行動できるはずの夏休みでも、部活・課外活動があれば学校生活からは抜け出せない。これでは、日本の若者の視野が狭くなってしまうのも頷ける。与えられた環境の中で、受動的なまま6年間が過ごすのだから。

日本は学校生活の枠を飛び越えて自由になる機会が少ない

この問題点を、僕と似たような立場から、別の視点で語っている人たちがいる。

大学時代から私のことを知っている人は、「元気で明るい」というイメージを持っている人が多いと思います。しかし、中高時代は全く違いました。漠然と、「今いる場所よりもっと広い場所に行きたい」という窮屈感を持って生きていました。

日本で理科教師だった男が、「世界の中学・高校を回る」ことをテーマに世界一周して、22か国26校の訪問を終えて思うこと。クラブ活動を日本のように毎日している国は見受けられませんでした。

つまり日本の教育制度で「最重要の問題点」を挙げるとすれば、それは英語教育のレベルの低さでもなく、遊びすぎる大学生でもなく、古い体質の中等教育だ。この問題点を解決するものは、文系理系の選択、海外留学など「固定された選択肢」をさらに増やす方向でなく、小学生のように自由研究のテーマを与えたり、修学旅行の代わりに自由に1人で旅をさせ、報告はプレゼンで発表させるといった「高等教育に近い枠組み」ではないだろうか。

高校を卒業した人たちにぜひ挑戦して欲しいこと

高校を卒業した人たちにぜひ挑戦して欲しいこと

もし我武者羅に中・高校での6年間の学校生活を送ると、僕もそうだったが、その18歳の若者はきっと「井の中の蛙(かわず)」である。教室で習ったことなどはもちろん、部活動を必死で頑張ってきた成果も、人生の目標を決める上では役に立つことが少ない。

もしあなたが中等教育の学校生活しか知らなかったのであれば、井の中の蛙であったことを潔く認めることから始めよう。そして次は、とにかく社会を見て回ることだ。勉強を頑張るのも良いが、視野を広げて欲しい。憧れるアルバイト、憧れるボランティア、憧れる人との会話、憧れる場所への旅行、これらは大学のキャンパスまたサークル活動の外にある。後悔をすることなく、憧れるものには惜しみなくアプローチしよう。そして想像とは違ったなと感じたら、また別のことも挑戦したら良い。

とにかく、高校を出て、またすぐ別の井戸に入り、外の世界を見ないのは勿体無い。自由になりたいタイプの人間からすると、最も厳しい環境の6年間を耐えたのだから、これからは多くの可能性をしっかりと見つめ、自らの力で選択できる人生を楽しもう。

あとがき

今は知りたい情報をインターネットで簡単に調べられる時代であり、中・高校生になれば、それを実施するための能力は十分にある。もはや、古い体質の中等教育、つまり「学校」で「規律正しく」6年間「成績を競う」という教育は、時代遅れなのだろう。

もちろん、この記事を読んだ中・高校生には、学校教育を投げ出したりはして欲しくない。この記事は問題点のみに触れており、日本の中等教育の良いところは語られていない。

ただ、たった1つ覚えておいて欲しいことは、中・高校6年間の学校生活が人生の全てではないということだ。その上で、学校の外にある世界も積極的に見るようにし、視野を広げて欲しい。中・高校生活で挑戦したいことは、中・高校の外にもあるはずなのだから。