クック諸島に初上陸!Airbnbツアーで南国旅行3週間を満喫中

クック諸島ラロトンガ島の海岸線

いま、僕たちは「クック諸島」のラロトンガ島に来ている。クック諸島と言えば、かの有名なエンデバー号で南太平洋を航海したイギリスの海洋探検家、キャプテン・クックだろう。クック諸島の名前は、当然、彼によって発見されたことから由来しており、そこへ上陸したことを考えただけでワクワクする。僕たちの滞在期間は25日間。もちろん、南国リゾートとしての期待感もとても大きい。これからどんなことが起こるのだろう?

2年半を過ごしたバリ島から離れ、今回の旅は、新しい何かを求めた旅になる。期待通り、このクック諸島への旅は、久しぶりに「ブログを更新しよう」という僕のモチベーションも極限まで高めてくれた。僕たちは今後、モルディブ、フランス、南アフリカと世界中を旅行する予定なので、極限のモチベーションはしばらくは続くだろう。まずは、クック諸島へと初上陸した前後の「数日間」で集めた情報をまとめてみた。

ココナッツの木と青空の写真(クック諸島「ラロトンガ島」)

ニュージーランドでの身支度

クック諸島に来る前、僕たちは拠点であるバリ島を離れ、ニュージーランドへと来ていた。ニュージーランドでの滞在期間は約3ヶ月。このニュージーランドでの話はまた別の記事で公開するが、クック諸島に来るための準備期間として、さらにお金を貯めることができた。

参考記事:ニュージーランド長期滞在:3ヶ月の滞在費用をゼロにした方法!

それでも、クック諸島に25日間も滞在することは贅沢なことである。クック諸島を訪れるのはオーストラリア人とKiwi(ニュージーランド人)が多いようだが、長くても2週間ほど滞在してリフレッシュしたら帰国するそうだ。長期滞在者が多かったバリ島とは全く違う。そこで僕たちは、クック諸島で掛かる費用についての情報収集を徹底した。

オークランドからクック諸島への飛行機

クック諸島・ラロトンガ島「ムリラグーン」の空撮写真

Photo by CookPage.com

僕たちが滞在する「ラロトンガ島」は、クック諸島にある15の島々で「唯一」国際空港のある島である。非常に美しいラグーンで有名な「アイツタキ島」や、天然の黒真珠で有名な「マニヒキ環礁」など別の島を訪れたい場合も、まずラロトンガ島を経由することになる。オークランド国際空港からラロトンガ島へのフライトは約4時間だが、途中で日付変更線をまたぐため、まるでタイムスリップしたかのように前の日に戻ることが特徴だ。

なお、僕たちは航空券の予約前にいつも スカイスキャナー を使う。これで何度目の紹介になるか分からないが、安く航空券を手に入れるコツは「早く」予約することだ。1ヶ月前になると、倍近くにまで値段が上がることもある。遅くても2ヶ月前、できれば3ヶ月前には予約したい。そうすれば、滞在中のアクティビティにより多くの予算を回すことができる。ちなみに、ニュージランドを経由しない行き方では、ロサンゼルス経由や、シドニー経由、タヒチ経由という方法もある。

クック諸島でも Airbnb をフル活用

僕たちのクック諸島での宿泊先は、今回も Airbnb で見つけた「海外移住者」のご自宅。このブログを長いこと読んでくれている人なら、僕が過去、アメリカのサンフランシスコマレーシアのコタキナバル でも Airbnb を使った旅の話はもうご存じだろう。Airbnb を使うことのメリットは、ホテルに泊まるよりも宿泊費が安いというだけではない。そのエリアに住む地元の人たちと交流をし、滞在中に「あたかも親友」のようになれることだ。

Airbnb の利用が初めての方は限定クーポンが使えます!

ムリラグーンの優雅で美しいビーチへ

ムリラグーンのビーチから見る景色

ラロトンガ島の東側には、ムリラグーンという4つの小さな島に保護された静かなビーチが広がっている。僕たちも滞在先ホストとなってくれた方と共に、ムリビーチクラブホテル の裏口へスクーターで回る。そこには、ムリラグーンのビーチが「目の前」に広がっていた。Airbnb で宿泊すると、このようにホストの人は「ローカルガイド」としての役目も果たしてくれる。本当はその必要などないのだが、観光客を案内することも楽しみの1つなのだ。

ムリラグーンの優雅な白い砂浜のビーチを散歩

ラロトンガ島の「ムリラグーン」には、上空から撮られた写真で見ると分かる通り、とても小さな島が4つ並んである。1番近くの島までは約100mしかないので、小型のボートやスタンディング・パドルなどでも「気軽に行き来」することができる。むしろ、泳いで渡ることも可能なくらいだ。ウインドサーフィンを楽しむ人がいたり、ビーチバレーを楽しむ人もいたりする。基本的に人は少なく、ビーチ沿いを散歩するだけでも気持ち良い。

シュノーケリングなら Fruits of Rarotonga

透き通る海の珊瑚礁-クック諸島ラロトンガ島

ラロトンガ島では、上の写真のような美しい珊瑚礁が海岸線の至るところに広がっている。レンタルスクーターかレンタカー、もしくはレンタサイクルなど、自分に合った移動手段でポイントを探すのも良いだろう。だが地元の人に聞くと、シュノーケリングをするのに最もおすすめのポイントは、島の南東にある Fruit of Rarotonga の前に広がるビーチだそうだ。Airbnb だと、こういったおすすめポイントもすぐに教えてくれるのが嬉しい。

クック諸島ラロトンガ島でのフリーダイビング

ラロトンガ島の珊瑚礁と美しい魚の群れ

クック諸島ラロトンガ島でのシュノーケリング

ラロトンガ島のビーチで見つけられる貝殻と珊瑚はお土産にもピッタリ

海岸沿いでは、色鮮やかな貝殻や珊瑚の欠片を見つけることができる。完全に砂浜になっているところもあれば、貝殻や珊瑚で溢れ返っているようなビーチもある。島全体を見て回るのにスクーターで1時間ほどしか掛からないため、気になる場所があったら立ち寄りつつ、お気に入りのビーチを見つけるのも良い。穴場のビーチなら、ほぼ貸し切りのような状態で綺麗な海の景色を楽しむことができる。

クック諸島で最大級リゾートのマネージャーと友人に

今回の Airbnb のホストは、僕たち2人が長年 Airbnb を使っているということを知り、他の友人や自分の Airbnb プロフィールを改善する作業を手伝って欲しいと頼んできた。僕たちは快く引き受けたが、その時にはクック諸島最大級リゾート「ジ・エッジ・ウォーター」のマネージャーと会うことになるとは思っても見なかった。クック諸島に初めて上陸し、その次の日に最大リゾートのマネージャーと友人のようになれるのも、ローカルの自宅に滞在することのできる Airbnb ならではの体験である。

たった数日の間に、地元の人と友人になり、次はその友人の友人、家族、親戚とも知り合いになり、さらには食事に誘われたりもする。これが Airbnb で旅をする醍醐味だ。僕たちがホテルに宿泊するよりも Airbnb でローカルの自宅に泊まることを優先するのは、こういう特別な体験ができることを知っているからだが…それにしても今回は凄い! 2日目なのに高級リゾートホテルのバックオフィスに立ち入り、まるで VIP 扱いである。クック諸島には陽気でフレンドリーな人が多いので、それが連鎖してどんどん知り合いが増えていった。

リゾートのゲストイベントに無料で参加

ジ・エッジ・ウォーターのマネージャーや奥さんと友人になったことで、リゾートホテルのゲストイベントにも無料で参加させて貰うことができた。まず初めに見学をしたのは、若い男の人がココナッツの木に登り、素手でココナッツの実を収穫する実演である。ちなみに、その実演をした男の人は、ジ・エッジ・ウォーターのマネージャーの甥っ子であり、また、僕たちの滞在先ホストとも知り合いということから、またも友人に(笑)

その次には、色鮮やかな南国の花をあしらった花王冠の手作り体験にも参加させて貰った。マーケットへ行くと「造花で作られたおみやげ用の花王冠」が売られているが、地元の人と会話をしながら、作り方を教えて貰う体験ができたのはとても貴重である。

手作りの花王冠(Ei Katu)を冠り記念撮影-クック諸島ラロトンガ島にて

この日は、自分たちで作った花王冠をつけてビーチ沿いで記念撮影をした。すると、ご近所の半分放し飼いのようにされている犬が挨拶をしに来てくれた(笑)人もフレンドリーならペットの犬はもっとフレンドリーである。

ラロトンガ島のビーチでご近所さんの犬に懐かれる

ちなみにラロトンガ島の西海岸では、素晴らしいサンセットを見ることもできる。滞在先の家もビーチから50m歩くだけで、水平線へと沈んでいく見事なサンセットを毎日見ることができる。個人的にはココナッツの木のシルエットに映る夕陽がとても印象的だった。

ヤシの木の向こう側に見えるサンセットと人々のシルエット

海に沈むサンセットと女性のシルエット

クック諸島(ラロトンガ島)滞在費の目安

どこかで、クック諸島まで休暇にくる日本人は、年間で約150人という内容を見掛けた。もしそれが本当なら、クック諸島についての詳しい情報は、あまり日本語で出回っていないはずだ。せっかくなので、2016年6月時点での現地の情報を少し載せておこうと思う。

  • プール付きの宿泊施設:100NZ$/1室1泊
  • インターネットの料金:50NZ$/1000MB(1GB未満)
  • レンタルスクーター代:110NZ$/週(ヘルメットなし)
  • レストランでの支払い:50NZ$/2人
  • 1週間分の自炊食材費:140NZ$/2人

ちなみに、ここクック諸島での通貨はニュージランド・ドルである。2016年6月時点の対円相場では、1NZ$≒75円といったところだ。日本と比べて特に割高なのは、食費とインターネットの料金だろう。食費を抑えるには、日本やニュージーランドから軽食となるものを持ち込むと良い。レンタルスクーター代も少し高いが、素晴らしい眺めの続く南国のビーチ沿いを走れることを考えれば、まあ安いものだ。

レンタルスクーターの運転について

ラロトンガ島をレンタルスクーターで一周

レンタルスクーターを長期間で借りるためには、警察署で期間限定の免許証を発行して貰う必要があったそうだが、2015年4月より国際運転免許だけで運転できるようになった。これはラッキー! わざわざ警察署に出向いて申請をする手間が省けた。日本で二輪免許を取得している人は、あらかじめ日本で国際運転免許証の準備をしておこう。公共交通機関のバスは運行本数が少なく、行動範囲も制限されるからだ。

道路は日本と同じ左側通行であり、最高時速は時速50Km。ラロトンガ島は一周32Kmしかなく、スクーターで1周するのに1時間も掛からない。道に信号機は1つもないうえ、昼間でも交通量は驚くほど少ないので、ヘルメットをしている人がいないのも頷ける。だが交通事故は他人のミスによって起こる可能性もあるので、追加料金を払ってでも借りるようにしよう。なお、2016年8月から義務化されるという話もあるようだ。

ビーチ沿いの「ココナッツの木に囲まれた道」をスクーターで走るのは、何とも清々しい。可能であれば、ぜひ体験して欲しいと思う。もちろん、内陸の道を走るのもまたおすすめである。角度によって岩肌が見える独特の「テ・マンガ山」はラロトンガ島の象徴とも言え、高い建物がないことから、どこを走ってもいても素晴らしい眺めである。

ラロトンガ島の内陸を走る道路 The Great Road of Toi の景色

クック諸島ラロトンガ島のテ・マンガ山を望む景色

クック諸島ラロトンガ島の山側の景色(テ・マンガ山)その2

クック諸島ラロトンガ島の山側の景色(テ・マンガ山)

なお、ラロトンガ国際空港の近くには、下のような「世界一美しい墓地」とでも言えそうな素晴らしい眺めの墓地がある。クック諸島にはカトリック系のキリスト教徒が多く、教会もあちらこちらで見掛ける。日曜には多くの人が教会へ行き、ミサに参加する。色とりどりの華やかな衣装を身にまとって賛美歌を歌い、何とも美しい生活ではないか。

南国らしい海辺の墓地-クック諸島ラロトンガ島

この後紹介する土曜朝のマーケットも含め、ローカルの雰囲気を思う存分に楽しむためには「1週間以上の滞在」を僕はおすすめしたい。レンタルスクーターなども割安になるし。

インターネットの接続料金について

日本も観光客向け WiFi スポットの普及が遅れていると言われているが、クック諸島のそれは比較にならない。ホテルでも WiFi の利用に追加料金を請求されることが一般的であり、ここクック諸島では、動画コンテンツを不自由なく見るということはかなり難しい。実際にクック諸島で現在唯一のインターネット・プロバイダー「Blue Sky」のパンフレットにて料金をすべて確認したが、固定料金の使い放題プランというものが存在していないのだ。

僕が入手した「最もお手頃なインターネット・プラン」は、毎週土曜日の朝8時~12時に開かれるマーケットでのみ購入できる特別プランだ。「Blue Sky」の出張ブースへ行くと、50NZ$で1000MBのプランに追加ボーナスの1000MBを無料で付けてくれる。インターネット接続には WiFi ホットスポットに接続するプランか、SIM カードを購入して常時接続するプランかを選べる。手元に SIM フリーの端末があれば、より便利だろう。

ラロトンガ島のWiFi(インターネット接続)は土曜朝マーケットの bluesky テントで買うとお得

なお、土曜朝のマーケットでは、伝統的な衣装を身につけた少女たちのフラダンス・ショーを見ることもできる。リゾートホテルのディナーショーなどでも本格的なショーを見られるが、ディナー席は照明が暗めにされており、記念撮影という意味では、あまり綺麗な写真を撮ることはできなかった。眺めの滞在で時間の余裕のある人は、ぜひ土曜朝のマーケットにも足を運んで欲しいと思う。(開催場所:アバルア・タウン)

クック諸島ラロトンガ島のフラダンス・ショーにて記念撮影

まとめ

まとめる。ラロトンガ島は、あるPRビデオを見ると「まるで50年前のハワイのよう」と言われており、美しい山々と綺麗な海の景色を同時に楽しむことができる。南国の雰囲気で人々はとても暖かく、公用語も訛りの少ない英語なので問題なし。人口は1万人ほどだが、これはクック諸島全体の大半を占める人口というから驚きだ。

最後に、Airbnb ツアーで現地の人と友人になれば対して必要はないが、インフォメーションセンターの写真を載せておく。地元の人向けの情報というより観光客向けの情報が多いのは仕方がないが、僕の奥さんは、フラダンスの体験教室をここで紹介して貰っていた。土曜朝のマーケットに行く時など、アバルアタウンの近くに立ち寄った際には訪れて見ると良い。

ラロトンガ島の観光客インフォメーション・センター

ラロトンガ島の観光客インフォメーション・センター(屋内)

僕たちは7月12日までラロトンガ島にいるので、もしこれからラロトンガ島に来るという方は、ぜひお気軽にご連絡ください。それでは!